教員紹介

大貫 宏一郎
大貫 宏一郎
教授
所属 産業理工学部 生物環境化学科
産業理工学研究科
学位 農学博士
専門 食品機能学
ジャンル くらし/食生活
コメント 食品の機能性(健康に対する有用性)について幅広く研究をしています。最近は、香辛料やきのこ、ポリフェノール類について、メタボリックシンドロームや不定愁訴などの改善効果を検証しました。
リサーチマップ https://researchmap.jp/k-ohnuki

研究概要

学歴/経歴

学歴

  • 1999年4月 - 2002年3月
    京都大学大学院 農学研究科
  • 1997年4月 - 1999年3月
    京都大学大学院 農学研究科
  • 1993年4月 - 1997年3月
    京都大学 農学部
  • 1990年4月 - 1993年3月
    福岡県立小倉高等学校

経歴

  • 2019年4月 - 現在
    近畿大学 産業理工学部 教授
  • 2013年4月 - 2019年3月
    近畿大学 産業理工学部 准教授
  • 2009年4月 - 2013年3月
    九州栄養福祉大学 講師
  • 2005年2月 - 2009年3月
    九州大学 ユーザーサイエンス機構 特任准教授
  • 2004年2月 - 2005年1月
    京都大学 医学研究科先端領域融合医学研究機構 特任助手
  • 2002年4月 - 2004年1月
    大塚製薬株式会社 佐賀栄養成分研究所 研究員

研究活動情報

研究分野

  • ライフサイエンス, 食品科学
  • ライフサイエンス, 栄養学、健康科学

研究キーワード

ヤマブシタケ, 動物行動, 機能性食品, 精神機能, ペプチド, 生理心理, 情動, 月桂樹, 遺伝子, 食品機能, VEGF, 香り, ビジランス, マウス, 神経新生, 精神疾患, 行動解析, 行動, 脂肪肝, ストレス

論文

  1. サジー果汁飲料の4週間摂取に伴う免疫機能改善効果 - ランダム化プラセボ対照二重盲検並行群間比較試験 -
    菊島健児; 永柄真澄; 宮崎瞳; 瀬戸山聖香; 大貫啓子; 清水邦義; 大貫宏一郎
    薬理と治療  50  (6)  1079-1094  2022年6月  [査読有り]
  2. イヌリン含有サプリメント摂取による腸内環境および排便症状や肌質に及ぼす改善効果
    高橋美貴; 原健二郎; 清水邦義; 大貫宏一郎; 大貫宏一郎
    薬理と治療  50  (5)  927-935  2022年5月  [査読有り]
  3. Physiological and Psychological Effects of Volatile Organic Compounds from Dried Common Rush (Juncus effusus L. var. decipiens Buchen.) on Humans.
    Minkai Sun; Taisuke Nakashima; Yuri Yoshimura; Akiyoshi Honden; Toshinori Nakagawa; Yu Nakashima; Makoto Kawaguchi; Yukimitsu Takamori; Yoshitaka Koshi; Rimpei Sawada; Shinsuke Nishida; Koichiro Ohnuki; Kuniyoshi Shimizu
    International journal of environmental research and public health  19  (3)  1856-1869  2022年2月7日 

MORE

書籍等出版物

  1. きのこの生理機能と応用開発の展望 , 江口 文陽; 前澤 憲雄; 宮澤 紀子; 平出 政和; 阿部 尚樹; 木田 マリ; 橋本 貴美子; 河岸 洋和; 関谷 敦; 五十嵐 圭日子; 平井 浩文; 本間 裕人; 霜村 典宏; 早乙女 梢; 會見 忠則; 本田 与一; 増野 和彦; 西澤 賢一; 松澤 恒友; 稲冨 聡; 小林 仁; 吉本 博明; 米山 彰造; 川口 信久; 西井 孝文; 白坂 憲章; 原田 栄津子; 森園 智浩; 中川 敏法; 西條 裕美; 竹本 直道; 丹羽 保晴; 金子 周平; 大貫 宏一郎; 清水 邦義; 桑原 李佳; 須原 弘登; 中村 友幸; 鷲見 亮; 小野瀬 淳一; 江口 文陽 , S&T出版 , 2017年8月31日

講演・口頭発表等

  1. 森林資源(木の家・キノコ)の認知機能改善効果 , 清水 邦義; 中島 大輔; 土山 真未; 竹本 直道; 永田 真紀; 松本 雅子; 永柄 真澄; 大貫 宏一郎 , 第21回日本メンズヘルス医学会 , 2021年9月19日
  2. 覚醒時および睡眠中の生理的・心理的評価および揮発性成分分析を組み 合わせた評価系の確立 , 楊 楽; 吉村友里; 中島大輔; 野村 健; 工藤 崇; 阿部; 三佳; 小山 眞; 竹本直道; 渡邊雄一郎; 大貫宏一郎; 藤本登留; 清水邦義 , 第 26 回日本木材学会九州支部大会 , 2019年9月12日
  3. 乾燥スギ内装材を用いた居住空間が作業課題における心理および脳機能 に与える影響 , 中島大輔; 小山 眞; 野村 健; 工藤 崇; 高濱瞭子; 阿; 部三佳; 吉村友里; 渡邉雄一郎; 安成信次; 大貫宏一郎; 藤本登; 留; 清水邦義 , 第 26 回日本木材学会九州支部大会 , 2019年9月12日

MORE

MISC

  1. 〈論文・報告〉産学連携の事例紹介:米発酵成分配合クレンジングマッサージジェル使用による顔の肌質改善効果 , 菊島 健児; 南 倫子; 永柄 真澄; 大貫 宏一郎 , かやのもり:近畿大学産業理工学部研究報告 = Reports of Faculty of Humanity-Oriented Science and Engineering, Kindai University , 32 , 9 , 12 , 2021年6月30日
    概要:〈Abstract〉The epidermis undergoes a constant renewal termed turnover. Disturbance in the turnover decreases moisturizing factors in the stratum corneum,which weakens the junction between the corneocytes in the stratum corneum and deteriorates their barrier function against the various environmental stimuli. Both exfoliating the old stratum corneum and supplying the moisturizing factors are important for the effective skin care. In this study we examined the effect of HONO cleansing massage gel provided by BJC Co., LTD. on the facial skin conditions of healthy women of various age from 20s to 50s. We observed statistically significant improvement in the all factors of the skin resilience after the use of 1 week, and recognized further increase after the use for 3 months. Water content of skin also showed significant increase depending on the duration of the use, and the amount of skin surface lipids gradually achieved to the optimal level. It was also suggested that the use of the gel restored even skin tone. These results indicate that the regular use of the gel not only improves the epidermal condition but also acts on the dermal resilience and the water retention.
  2. 〈論文・報告〉産学連携の事例紹介:サジー飲料摂取による貧血症状の改善 , 永柄 真澄; 祖父江 圭祐; 東條 孝彦; 祖父江 守恒; 菊島 健児; 清水 邦義; 大貫 宏一郎 , かやのもり:近畿大学産業理工学部研究報告 = Reports of Faculty of Humanity-Oriented Science and Engineering, Kindai University , 31 , 10 , 12 , 2020年6月30日
    概要:〈Abstract〉Wild sea buckthorn grows in Europe and northern Asia, and its orange fruit is used for foods and Chinese medicines. The fruit, containing various nutrients including vitamins, is expected to be applied to functional food. Since abundant iron is also included in the fruit, we examined change in the blood components of 8 high school females after the regular intake of sea buckthorn beverage for one month. Significant increases in the number of erythrocyte in blood and the densities of hemoglobin and serum iron were found after the daily ingestion. Our results suggest that iron, provided by the regular intake of sea buckthorn beverage, is smoothly stored in the iron pool in our bodies, and that the supplementation of iron by the sea buckthorn beverage is effective for the improvement of anemia.
  3. スギ材を用いた木質居住環境の香りがヒトの脳内の視覚性注意へ与える影響 , 中島大輔; 本傳晃義; 吉村友里; 孫旻がい; 中川敏法; 山田祐樹; 岡本剛; 渡邉雄一郎; 安成信次; 大貫宏一郎; 藤本登留; 清水邦義 , 日本木材学会大会研究発表要旨集(完全版)(CD-ROM) , 70th , 2020年

MORE

産業財産権

  1. 神経新生促進剤を含有する飴、グミまたは飲料 , 松川 泰治, 松居 雄毅, 山田 泰正, 山田 一郎, 有働 洋, 大貫 宏一郎 , 特許第5115530号
  2. θ波発現増強剤 , 清水 邦義, 松原 恵理, 大貫 宏一郎, 近藤 隆一郎
  3. 酢酸ボルニルのθ波増強効果 , 清水邦義, 松原恵理, 大貫宏一郎, 近藤 隆一郎

MORE

受賞

  1. 2002年3月, 日本農芸化学会, Biosci. Biotechnol. Biochem.優秀論文賞

共同研究・競争的資金等の研究課題

  1. 日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(B), 純国産ゲノム編集技術を基軸とした薬用キノコ霊芝の機能性ビルドアップ研究 , 九州大学
  2. 日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(C), アミノ酸代謝制御を介して高次脳機能を調節する食環境の構築 , 滋賀県立大学
  3. 日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(C), 食品成分の脳神経機能性およびそのメカニズムの解明 , 近畿大学

MORE