教員紹介

古賀 崇了
古賀 崇了
准教授
所属 産業理工学部 情報学科
産業理工学・産業技術研究科
学位 博士(工学)
専門 画像処理
ジャンル 科学・技術/情報技術
コメント 画像処理・画像認識技術を利用した人間とコンピュータの間のインタラクションを実現するシステムの応用について研究しています。
リサーチマップ https://researchmap.jp/koga_takanori

研究概要

学歴/経歴

経歴

  • 2019年4月 - 現在
    徳山工業高等専門学校 情報電子工学科 非常勤講師
  • 2019年4月 - 現在
    近畿大学 産業理工学部 情報学科 准教授
  • 2016年4月 - 2019年9月
    山口大学 教育学部 非常勤講師
  • 2012年4月 - 2019年3月
    徳山工業高等専門学校 情報電子工学科 准教授
  • 2010年4月 - 2012年3月
    徳山工業高等専門学校 情報電子工学科 助教

研究活動情報

研究分野

  • 情報通信, ヒューマンインタフェース、インタラクション
  • 情報通信, ソフトコンピューティング
  • 情報通信, 知覚情報処理
  • 情報通信, エンタテインメント、ゲーム情報学

研究キーワード

インタラクティブシステム, 画像処理

論文

  1. 平滑化係数ヒストグラムを用いたRGB色空間における色相保存かつ色域を保証したコントラスト強調法
    植田祥明, 三澤秀明, 古川翔大, 古賀崇了, 末竹規哲, 内野英治
    電子情報通信学会論文誌  J102-A  (4)  152-163  2019年4月  [査読有り]
  2. 限定色画像に対する選択的埋め込み可能な多ビットステガノグラフィ
    植田祥明, 古賀崇了, 末竹規哲, 内野英治
    電気学会論文誌C  138  (12)  1595-1603  2018年12月  [査読有り]
  3. Illuminant color estimation method based on pseudo-detection of specular reflection
    Daiki Moriyama, Yoshiaki Ueda, Takanori Koga, Noriaki Suetake, Eiji Uchino
    Proceedings of 2018 IEEE International Conference on Image Processing (ICIP 2018)  2262-2266  2018年10月  [査読有り]

MORE

書籍等出版物

  1. 空中ディスプレイの開発と応用展開,山本裕紹 監修 , 古賀崇了, 大峠和基 , 分担執筆 , (第Ⅲ編,第9章 pp.177-185「流れの表現に着目したインタラクティブフォグディスプレイ」を分担執筆) , シーエムシー出版 , 2018年7月
  2. Effective and Adaptive Learning based on Diversive/Specific Curiosity(査読付) , 古賀 崇了 , 共著 , Brain-Inspired Information Technology, Studies in Computational Intelligence, Vol.266, Springer Berlin/Heidelberg 全178頁 , 2010年9月
  3. Emotional behavior and expression based on a neural network model of amygdale(査読付) , 古賀 崇了 , 共著 , Brain-Inspired Information Technology, Studies in Computational Intelligence, Vol.266, Springer Berlin/Heidelberg 全178頁 , 2010年9月

MORE

講演・口頭発表等

  1. Hand Gesture Recognition and Tracking for IR Image Using Random Forest and Median Flow , Satoshi Murashige, Noriaki Suetake, Takanori Koga , Proc. of 2018 International Workshop on Smart Info-Media Systems in Asia (SISA 2018) , 2018年12月14日
  2. A Simplified and Fast Dehazing Processing Suitable for Embedded Systems , Takanori Koga, Ayaka Yasuda, Shota Furukawa, Noriaki Suetake , Proc. of 2018 International Symposium on Intelligent Signal Processing and Communication Systems (ISPACS 2018) , 2018年11月27日
  3. HUE-Preserving Color Contrast Enhancement Method Without Gamut Problem by Using Histogram Specification. , Yoshiaki Ueda, Hideaki Misawa, Takanori Koga, Noriaki Suetake, Eiji Uchino , 2018 IEEE International Conference on Image Processing, ICIP 2018, Athens, Greece, October 7-10, 2018 , 2018年

MORE

MISC

  1. Multiple k-nearest neighbor classifier and its application to tissue characterization of coronary plaque , Eiji Uchino, Eiji Uchino, Ryosuke Kubota, Takanori Koga, Hideaki Misawa, Noriaki Suetake , IEICE Transactions on Information and Systems , E99D , 7 , 1920 , 1927 , 2016年7月1日 , https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=84976871336&origin=inward
    概要:© 2016 The Institute of Electronics, Information and Communication Engineers. In this paper we propose a novel classification method for the multiple k-nearest neighbor (MkNN) classifier and show its practical application to medical image processing. The proposed method performs fine classification when a pair of the spatial coordinate of the observation data in the observation space and its corresponding feature vector in the feature space is provided. The proposed MkNN classifier uses the continuity of the distribution of features of the same class not only in the feature space but also in the observation space. In order to validate the performance of the present method, it is applied to the tissue characterization problem of coronary plaque. The quantitative and qualitative validity of the proposed MkNN classifier have been confirmed by actual experiments.
  2. 血管内超音波画像を用いた冠動脈プラークの組織性状判別支援システム , 内野 英治, 末竹 規哲, 久保田 良輔, 古賀 崇了, 古川 翔大, 廣 高史, 松崎 益徳 , 日本知能情報ファジィ学会 ファジィ システム シンポジウム 講演論文集 , 26 , 0 , 77 , 77 , 2010年 , http://ci.nii.ac.jp/naid/130005035611
    概要:心臓の筋肉に酸素や栄養を送る血管を冠動脈と言い、冠動脈疾患は血管内に堆積したプラークが破綻し血管が詰まることにより引き起こされる。心筋梗塞はその代表例である。破綻し易い不安定プラークかそうでない安定プラークかを判断するためには、プラークの組織構成を知る必要がある。本研究では、カテーテルを用いた血管内超音波法によりプラークを構成する物質とその構造を高精度に同定し、また臨床現場で医師が直感的に把握し易いように、プラークの3次元構造を視覚的に把握しやすい形態で描画する統合診断支援ソフトウェアを開発する。
  3. Self-organizing map with distance measure defined by data distribution , K. Horio, T. Koga, T. Yamakawa , 2008 World Automation Congress, WAC 2008 , 2008年12月1日 , https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=77950802446&origin=inward
    概要:In this paper, a new distance measure for learning improvement of self-organizing map is described. The new distance measure is defined based on data distribution, thus it can be efficiently used for real application, in which data is often distributed in nonlinear manifold. The authors have reported graph-based distance, but it requires high computation performance. To reduce computational cost, we define energy function in data space, and distance is calculated using energy function. Experimental results using simple data show effectiveness of the proposed method.

MORE

特許

  1. データ処理装置、データ処理方法及びプログラム , 山川 烈, 古賀 崇了 , 特許第5011529号
  2. 操作指令信号生成方法及び操作指令信号生成装置 , 内野 英治, 末竹 規哲, 古賀 崇了

受賞

  1. 2018年4月, 独立行政法人国立高等専門学校機構, 教員顕彰 理事長賞(若手部門),
  2. 2016年5月, IAENG, Certificate of Merit for the 2016 IAENG International Conference on Imaging Engineering,
  3. 2012年12月, バイオメディカルファジィシステム学会, 感謝状,

MORE

競争的資金

  1. 日本学術振興会, 科学研究費補助金 基盤研究(C), 生活空間における水や霧等の光透過物体を媒体とするナチュラルユーザインターフェイス
  2. 日本学術振興会, 科学研究費補助金 若手研究(B), 「水と霧に触れる」総合的インタラクション技術の基盤確立
  3. 日本学術振興会, 科学研究費補助金 若手研究(B), 水を媒体とするインタラクションを実現するプロジェクタ・カメラシステム