教員紹介

河濟 博文
河濟 博文
教授/研究科長
所属 産業理工学部 生物環境化学科
産業理工学・産業技術研究科
学位 工学博士
専門 レーザ分光分析
ジャンル 科学・技術/化学
コメント レーザ分光法によるプラスチック識別装置を研究開発しています。一部は、連携企業と共に経済産業省の助成を受け、大型工場で実用段階にあります。他にも色々な化学センサー技術開発が得意です。
リサーチマップ https://researchmap.jp/read0021505

研究概要

学歴/経歴

学歴

  • - 1981年
    九州大学 総合理工学研究科
  • - 1981年
    九州大学
  • - 1979年
    九州大学 理学部
  • - 1979年
    九州大学

経歴

  • 2006年 - 現在
    近畿大学産業理工学部教授
  • 2002年 - 2006年
    近畿大学九州工学部 教授
  • 1995年 - 2002年
    近畿大学九州工学部 助教授
  • 1991年 - 1994年
    北九州大学文学部 助教授
  • 1981年 - 1990年
    九州大学大学院総合理工学研究科 助手
  • 1981年 - 1990年
    九州大学
  • 1987年9月 - 1988年8月
    米国アイオワ州立大学エイムズ研究所 博士研究員

研究活動情報

研究分野

  • ナノテク・材料, 分析化学
  • 人文・社会, 科学教育

研究キーワード

環境分析, 環境科学教育, レーザー分光分析化学

論文

  1. 混合プラスチックの分別技術
    土田保雄, 河済博文, 河村豊
    10  (6)  507-512  2018年6月  [招待有り]
  2. Enhanced Photocatalytic Degradation of Methyl Orange by Au/TiO2 Nanoparticles under Neutral and Acidic Solutions
    Masaharu Tsuji, Kanako Matsuda, Mayu Tanaka, Satsuki Kuboyama, Keiko Uto, Nozomi Wada, Hirofumi Kawazumi, Takeshi Tsuji, Hiroki Ago, Jun-ichiro Hayashi
    ChemistrySelect  3  1432-1438  2018年3月  [査読有り]
  3. 光学識別法を用いる次世代ソーティング機器の開発動向
    河済 博文
    廃棄物資源循環学会誌  29  (2)  125-132  2018年2月  [招待有り]

MORE

書籍等出版物

  1. Progress in Sustainable Energy Technologies Vol II, Creating Sustainable Development , 河済 博文 , 分担執筆 , Chapter 34, “High-Performance Recycling System for Waste Plastics Using Raman Identification” , Springer (SPi Global) , 2014年
  2. ネットワークポリマーの分析・物性評価の実際 基礎から最先端まで , 河済 博文 , 分担執筆 , ポリマー研究開発におけるラマン分光分析 , 合成樹脂工業協会 , 2014年
  3. ベーシック分析化学 , 河濟 博文, 高木 誠 , 共著 , 2006年8月

MORE

講演・口頭発表等

  1. 生物多様性CEPAへの取組 , 菅野 憲一, 河濟 博文, 早田亜希 , 福岡県環境教育学会(環境教育学会福岡支部) , 2011年8月
  2. マイクロチップ電気泳動を用いるDNA複合体解離ダイナミックスの研究 , 河濟 博文, 竹田伸史, 西 , 2006年日本化学会西日本大会 , 2006年
  3. 基板表面の金ナノロッド吸着薄膜の構造制御 , 河濟 博文, 本夛加菜子, 新留康郎, 中嶋直敏, 山田 淳 , 日本分析化学会第55年会 , 2006年

MORE

特許

  1. 細胞処理用基板 , 河済 博文 , 特許6118601
  2. セルアレイソータ、その製造方法及び細胞ソート方法 , 河済 博文 , 特許5780511
  3. 細胞自動分取装置及び細胞自動分取方法 , 河済 博文ほか , 特許5765763

MORE

受賞

  1. 2017年6月, プラスチックリサイクル化学研究会, FSRJ技術功績賞,

競争的資金

  1. 経済産業省戦略的基盤技術高度化支援事業, 「精密夾雑物除去及び高精度光学選別技術によるASRプラスチック高度回収システムの開発」(副総括研究代表者)
  2. 科学研究費補助金基盤研究(C)(一般), ラマン散乱によるプラスチック劣化計測法の開発
  3. 環境省低炭素型3R技術・システム実証事業, 「ASRプラスチックの材料リサイクル深化技術の実証」(分担)

MORE