教員紹介

河濟 博文
河濟 博文
教授
所属 産業理工学部 生物環境化学科
産業理工学研究科
学位 工学博士
専門 レーザ分光分析
ジャンル 科学・技術/化学
コメント レーザ分光法によるプラスチック識別装置を研究開発しています。一部は、連携企業と共に経済産業省の助成を受け、大型工場で実用段階にあります。他にも色々な化学センサー技術開発が得意です。
リサーチマップ https://researchmap.jp/read0021505

研究概要

学歴/経歴

学歴

  • - 1981年
    九州大学 総合理工学研究科
  • - 1981年
    九州大学 Graduate School, Division of Integrated Science and Engineering
  • - 1979年
    九州大学 理学部
  • - 1979年
    九州大学 Faculty of Science

経歴

  • 2006年 - 現在
    近畿大学産業理工学部教授 Faculty of Humanity-Oriented Science and Engineering
  • 2002年 - 2006年
    近畿大学九州工学部 教授
  • 1995年 - 2002年
    近畿大学九州工学部 助教授
  • 1995年 - 2002年
    Kinki University, Associate Professor
  • 2002年
    - Kinki University, Professor
  • 1991年 - 1994年
    北九州大学文学部 助教授
  • 1991年 - 1994年
    Kitakyushu University, Associate Professor
  • 1981年 - 1990年
    九州大学大学院総合理工学研究科 助手
  • 1981年 - 1990年
    九州大学
  • 1987年9月 - 1988年8月
    米国アイオワ州立大学エイムズ研究所 博士研究員

研究活動情報

研究分野

  • ナノテク・材料, 分析化学
  • 人文・社会, 科学教育

研究キーワード

環境分析, 環境科学教育, レーザー分光分析化学, Environmental Analysis, Education of Environmental Science, Laser Analytical Chemistry

論文

  1. マイクロ波加熱で合成したAu/TiO2, Ag/TiO2 光触媒ナノ粒子によるメチルオレンジの分解
    辻 正治; 有村 優奈; 田中 茉優; 松田 佳奈子; 河済 博文; 宇都 慶子; 林 潤一郎; 吾郷 浩樹; 辻 剛志
    日本電磁波エネルギー応用学会論文誌  3  14-23  2019年9月  [査読有り]
  2. 混合プラスチックの分別技術
    土田保雄; 河済博文; 河村豊
    10  (6)  507-512  2018年6月  [招待有り]
  3. Enhanced Photocatalytic Degradation of Methyl Orange by Au/TiO2 Nanoparticles under Neutral and Acidic Solutions
    Masaharu Tsuji; Kanako Matsuda; Mayu Tanaka; Satsuki Kuboyama; Keiko Uto; Nozomi Wada; Hirofumi Kawazumi; Takeshi Tsuji; Hiroki Ago; Jun-Ichiro Hayashi
    ChemistrySelect  3  (5)  1432-1438  2018年2月7日  [査読有り]

MORE

書籍等出版物

  1. プラスチックの資源循環に向けたグリーンケミストリーの要素技術 , 監修; 澤口孝志 , 第16章 家電・自動車リサイクル法での最終残渣プラスチックのマテリアルリサイクル , 第16章 家電・自動車リサイクル法での最終残渣プラスチックのマテリアルリサイクル , シーエムシー出版 , 2019年11月
  2. Progress in Sustainable Energy Technologies Vol II, Creating Sustainable Development , 河済 博文 , Chapter 34, “High-Performance Recycling System for Waste Plastics Using Raman Identification” , Chapter 34, “High-Performance Recycling System for Waste Plastics Using Raman Identification” , Springer (SPi Global) , 2014年
  3. ネットワークポリマーの分析・物性評価の実際 基礎から最先端まで , 河済 博文 , ポリマー研究開発におけるラマン分光分析 , ポリマー研究開発におけるラマン分光分析 , 合成樹脂工業協会 , 2014年

MORE

講演・口頭発表等

  1. 生物多様性CEPAへの取組 , 菅野 憲一; 河濟 博文; 早田亜希 , 福岡県環境教育学会(環境教育学会福岡支部) , 2011年8月
  2. マイクロチップ電気泳動を用いるDNA複合体解離ダイナミックスの研究 , 河濟 博文; 竹田伸史; 西 , 2006年日本化学会西日本大会 , 2006年
  3. 基板表面の金ナノロッド吸着薄膜の構造制御 , 河濟 博文; 本夛加菜子; 新留康郎; 中嶋直敏; 山田 淳 , 日本分析化学会第55年会 , 2006年

MORE

MISC

  1. サイエンス・パートナーシップ・プロジェクト支援による地域連携環境教育に関する取組 , 菅野憲一; 河済博文; 加留部盛雄; 金子洋一 , 近畿大学産業理工学部研究報告 , 14 , 22 , 27 , 2011年7月20日
  2. Rapid Post-translational Modification Analysis by Enzyme-immobilized Microreactor , YAMAGUCHI Hiroshi; MIYAZAKI Masaya; YOSHIZUKA Saori; KAWAZUMI Hirofumi; MAEDA Hideaki , Pept Sci , 2009 , 451 , 454 , 2010年3月
  3. Acid-base equilibrium constants at the water surface and distribution coefficients between the surface and the bulk as studied by the laser two-photon ionization technique , M Sato; T Kaieda; K Ohmukai; H Kawazumi; A Harata; T Ogawa , JOURNAL OF PHYSICAL CHEMISTRY B , 104 , 42 , 9873 , 9877 , 2000年10月
    概要:A new method has been proposed to determine the equilibrium between the bulk and the surface by directly measuring surface concentrations using laser two-photon ionization. This method has been applied to pyrenebutyric acid. The surface concentrations depended on the pH of the solution and were analyzed on the basis of two equilibrium constants and two distribution coefficients. Most pyrenebutyric acid stays on the surface at pH = 2.2. The equilibrium constant, pK(a), of pyrenebutyric acid on the water surface was determined to be 7.8(5) +/- 0.1(3), and this value is shifted to higher value than that in the bulk (4.76). The distribution coefficient of the neutral pyrenebutyric acid was determined as (5.9 +/- 2.8) x 10(-2) m, and that of pyrenebutyric anion as (4.8(2) +/- 0.1) x 10(-5) m. The ratio of the distribution coefficient of the neutral pyrenebutyric acid to that of pyrenebutyric anion was determined to be (1.2 +/- 0.6) x 10(3). These findings indicate that the equilibrium shifts toward the neutral form on the water surface. Laser two-photon ionization was found to be a sensitive and powerful technique to analyze equilibrium on the surface and that between the surface and the bulk.

MORE

産業財産権

  1. 細胞処理用基板 , 河済 博文 , 特許6118601
  2. セルアレイソータ、その製造方法及び細胞ソート方法 , 河済 博文 , 特許5780511
  3. 細胞自動分取装置及び細胞自動分取方法 , 河済 博文ほか , 特許5765763

MORE

受賞

  1. 2017年6月, プラスチックリサイクル化学研究会, FSRJ技術功績賞

共同研究・競争的資金等の研究課題

  1. 日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(C), ラマン散乱によるプラスチック劣化計測法の開発 , 近畿大学
  2. 経済産業省戦略的基盤技術高度化支援事業, 「精密夾雑物除去及び高精度光学選別技術によるASRプラスチック高度回収システムの開発」(副総括研究代表者)
  3. 科学研究費補助金基盤研究(C)(一般), ラマン散乱によるプラスチック劣化計測法の開発

MORE