【在学生の方へ】緊急事態宣言解除に伴う本学の対応について(第3報)

2020.07.06

在学生のみなさまへ

5月25日、政府の発表があり、全国の緊急事態宣言が解除されました。さらに、6月19日より都道府県をまたぐ移動の自粛を全国で緩和するなどの方針が示されました。しかしながら、新型コロナウイルスの感染は完全に終息したわけではなく、諮問委員会は、再び感染の拡大が起こることが十分予想されると懸念しており、感染状況をモニタリングしながら「新しい生活様式」を徹底することが求められています。このことを受け、本学では感染拡大の防止と、学生の皆さんの健康と安全を最優先するため、当分の間、学内入構制限の措置を継続することとし、原則、前期に開講される大学院・学部の全科目はメディア授業で実施しますが、次の項目について学生の皆さんの入構制限緩和について示します。

【7月7日以降】
1.大学院生、4年生の卒業に必要な学修・研究活動について、各研究室等の制限の範囲内で活動を継続いたします。
2.1年生はオンライン授業の基礎ゼミ等を通して引き続き学生相互の交流を図ります。
3.4年生の就職活動を目的として、WEB予約の上、キャリア支援室の利用を継続いたしますので、ご利用ください。また、3年生の就職活動についてはWEBで相談を受付けております。
4.図書館については入場者数を制限したうえで一部開放いたします。詳細は産業理工学部図書館ホームページをご確認ください。

[注意事項]いずれの場合も、学生の皆さん個々の状況に配慮し、通学を強制することのないよう実施します。

入構にあたっては下記の条件を遵守してください。
1.マスクを常時、正しく着用してください。
→鼻柱から下あごまですべてをマスクで覆い、密着させて着用
2.「3密」を避けてソーシャルディスタンス(2m(最低1m))を保ってください。
→屋内・屋外を問わず、集団を作らず、また対面も会話は控える。
3.石鹸による手洗い・手指消毒をこまめに行ってください。
4.以下に該当する場合は入構できません。
①通学前に必ず検温し、体温が37.0度以上、または平熱より0.5度以上高い場合及び風邪のような症状のある場合
②新型コロナウイルス感染者との濃厚接触が疑われる場合
③PCR検査で陽性、またはPCR検査待ち・結果待ちの方
④外務省から渡航中止勧告等を受けている国へ渡航した方及び当該国在住者と接触した方及び当該国在住者と接触した方(14日間は入構を控えてください。)

入構の際は、各箇所に設置している入退館台帳に必要事項を記入してください。
今後、再び緊急事態宣言が発令され、地方公共団体等からの施設利用制限の要請があった場合は、その状況により、本学の措置を変更する場合がありますので、その都度、大学のホームページでご確認ください

【8月1日以降】
1.学内での新たな活動基準を設けて、入構規制の緩和を検討しております。これにより、各研究室の入室制限数の見直しや、大学の施設を使用する一部の実験・実習系の科目等の実施時期・方法について、あらためて通知します。