【福岡キャンパス】緊急事態宣言解除に伴う本学の対応について

2020.06.01

在学生の皆さんへ

5月25日、政府の発表があり、全国の緊急事態宣言が解除されました。しかしながら、新型コロナウイルスの感染は完全に終息したわけではなく、諮問委員会は、再び感染の拡大が起こることが十分予想されると懸念しており、感染状況をモニタリングしながら「新しい生活様式」を徹底することが求められています。
このことを受け、本学では感染拡大の防止と、学生の皆さんの健康と安全を最優先するため、当分の間、学内入構制限の措置を継続することとし、原則、前期に開講される大学院・学部の全科目はメディア授業で実施しますが、先に実施している大学院の研究活動に続き、次の項目について、順次、学生の皆さんの受入れ態勢が整い次第、入構制限緩和を進めていきます。

【6月8日以降予定】
1.原則、4年生の卒業に必要な学修・研究活動について、各研究室等の感染防止対策が整い次第、制限の範囲内で活動を開始いたします。

2.1年生は、オンライン授業の基礎ゼミ等を通して引き続き学生相互の交流を図ります。

3.4年生の就職活動を目的として、WEB予約の上、キャリア支援室の利用を開始しております。
 また、3年生の就職活動についてはWEBで相談を受付けます。


【8月中旬以降】
1.大学の施設を使用する一部の実験・実習系の科目等については、学内で実施することを検討しています。


[注意事項]
いずれの場合も、学生の皆さん個々の状況に配慮し、通学を強制することのないよう実施します。
今後、再び緊急事態宣言が発令され、地方公共団体等からの施設利用制限の要請があった場合は、その状況により、本学の措置を変更する場合がありますので、その都度、大学のホームページでご確認ください。