教員・研究者紹介

池庄司 敏孝

池庄司 敏孝
准教授
所属 次世代基盤技術研究所
学位 博士(工学)
専門 航空宇宙材料学
ジャンル 科学・技術/新技術
コメント 航空宇宙機用材料とその接合方法が専門です。C/C複合材、CFRP、セラミクスと金属材の異材接合、また、レーザ3D積層造形技術による航空宇宙機部品の製作も研究しています。
リサーチマップ https://researchmap.jp/ikeshojitt

学歴/経歴

学歴

  • 1995年4月 - 1998年3月
    東京大学大学院 工学系研究科 航空宇宙工学専攻
  • 1989年4月 - 1993年3月
    東京工業大学 工学部 機械物理工学科

経歴

  • 1998年4月 - 2007年3月
    東京工業大学 工学部 助手
  • 2005年4月 - 2006年3月
    明治大学 工学部機械工学科 非常勤講師
  • 2006年9月 - 2007年8月
    アメリカ合衆国航空宇宙局 ゴダード宇宙飛行センター 客員研究員
  • 2007年4月 - 2015年3月
    東京工業大学 理工学研究科 助教
  • 2014年4月 - 2014年3月
    近畿大学 次世代基盤技術研究所 非常勤准教授
  • 2015年4月 - 現在
    近畿大学 次世代基盤技術研究所 准教授

研究活動情報

研究分野

  • 総合工学, 航空宇宙工学
  • 機械工学, 生産工学・加工学
  • 機械工学, 生産工学・加工学

研究キーワード

ろう付, 接合工学, 金属3D積層造形

論文

  1. Selective Laser Melting of Pure Copper
    Ikeshoji Toshi-Taka, Nakamura Kazuya, Yonehara Makiko, Imai Ken, Kyogoku Hideki
    JOM  70  (3)  396-400  2018年3月  [査読有り]
  2. Surface modification of graphite and ceramics with metals using induction heating

    INTERNATIONAL SYMPOSIUM ON INTERFACIAL JOINING AND SURFACE TECHNOLOGY (IJST2013)  61  2014年  [査読有り]
  3. Brazing of C/C composites and Ni-based alloy using interlayer

    INTERNATIONAL SYMPOSIUM ON INTERFACIAL JOINING AND SURFACE TECHNOLOGY (IJST2013)  61  2014年  [査読有り]

書籍等出版物

  1. 図解 金属3D積層造形のきそ , 京極 秀樹; 池庄司 敏孝 , 共著 , 日刊工業新聞社 , 2017年10月
  2. Advances in Brazing , IKESHOJI TOSHI-TAKA , 分担執筆 , 13 - Brazing of carbon–carbon (C/C) composites to metals , Woodhead Publishing , 2013年
  3. 最新 フラクトグラフィ -各種材料の破面解析とその事例 , 池庄司 敏孝 , 分担執筆 , 第5章3節 固相接合部のフラクトグラフィ / 第5章4節 ろう付部のフラクトグラフィ , 紀伊國屋書店 , 2010年3月

MORE

講演・口頭発表等

  1. A-TIGによるSUS316L溶接部の組織と水素透過後の影響 , 平成22年度春季全国大会 , 2010年
  2. C/C複合材料と純チタンろう付に及ぼす席双方向の影響 , 溶接学会全国大会平成22年度春季大会 , 2010年
  3. ロケットスカートノズルアッシィ用四管束試験片ろう付継手部の強度と接合部間隙の関係 , 溶接学会全国大会平成22年度春季大会 , 2010年

MORE

MISC

  1. 〈平成27年度活動報告〉3D造形技術研究センター活動報告 , 京極 秀樹, 旗手 稔, 生田 明彦, 池庄司 敏孝, 信木 関, 大森 整, 米原 牧子 , 近畿大学次世代基盤技術研究所報告 = Kindai University Research Institute of Fundamental Technology for Next Generation , 7 , 27 , 31 , 2016年7月 , http://ci.nii.ac.jp/naid/120005823391
    概要:1. センター活動
  2. レーザービームの利用による金属積層造形 (特集 金属積層造形技術開発の最前線) , 池庄司 敏孝 , 材料の科学と工学 : 日本材料科学会誌 , 53 , 4 , 104 , 107 , 2016年 , http://ci.nii.ac.jp/naid/40020945259
  3. SLM造形過程におけるレーザ照射部近傍の粉体層溶融凝固を考慮した過渡伝熱数値解析 , 池庄司 敏孝, 京極 秀樹, 米原 牧子, 荒木 正浩, 中村 和也 , 近畿大学次世代基盤技術研究所報告 = Annual report of Research Institute of Fundamental Technology for Next Generation, Kindai University , 7 , 89 , 94 , 2016年 , http://ci.nii.ac.jp/naid/120005823402
    概要:The selective laser melting(SLM) is a kind of additive manufacturing processes, which melts the thin powder layer selectively and forms 3D object by compiling many layers. To obtain the proper laser melting conditions for SLM process, the prediction of thermal field around the scanning laser spot is necessary. In this paper, a finite element method of transient heat conduction analysis is proposed to predict the thermal field. It is based on the energy conservation equation for enthalpy of bulk metal, powder metal and once-melt-and-solidified powder metal. The method includes the phenomena of melting and solidification of powder metal. The numerical simulation using this method is applied for Ni-based refractory alloy, Inconel-718, and the results of the simulation is presented with temperature contours and dimensions of melt pool.Ⅲ.論文集

MORE

受賞

  1. 2010年, (社)溶接学会界面接合研究委員会, 界面接合研究奨励賞, C/C複合材料とTiの活性金属ろう付における積層方向および繊維配向の影響
  2. 2007年, JGN2を活用した研究開発アイデアコンテスト 最優秀賞,
  3. 2003年, 日本機械学会 機械材料・材料加工部門 部門一般表彰(新技術開発部門),

競争的資金

  1. C/C複合材料とTi合金の電子ビームろう付
  2. 拡散接合部破面のフラクタル解析
  3. 短繊維強化金属複合材料とセラミクスの摩擦圧接部における短繊維挙動の解析

MORE

技術相談