教員・研究者紹介

大谷 崇

大谷 崇
講師
所属 工学部 情報学科
学位 博士(工学)
専門 知能情報処理
ジャンル 科学・技術/情報技術
コメント ソフトコンピューティング分野を中心にコメントが可能である。中でも、ニューロファジィ、遺伝的アルゴリズムなどに造詣が深い。さらに非線形最適化問題の解法にも興味を持っている。
リサーチマップ https://researchmap.jp/read0194032

高校生の方へ 研究室紹介

ヒトの持つ情報処理能力をコンピュータで実現する手法を研究中。

ヒトは練習によって能力を向上させる等の高度な情報処理を行っている。これを機械で実現するためのソフトコンピューティング手法を研究中。

研究活動情報

研究分野

  • 情報学, 感性情報学・ソフトコンピューティング

研究キーワード

ニューロ・ファジィ・アダプティブ・モデリング

論文

  1. 個体分裂アルゴリズムを用いる混合品種ラインと組立セルの再設計法
    天田 三郎, 木村 有寿, 大谷 崇, 片岡 隆之
    近畿大学工業技術研究所研究報告書  2005  (5)  29-36  2006年2月 
  2. A Redesign Method for Flexible Mixed-product Lines Adapted to the Change of the Production Ratio
    木村 有寿, 松冨 達夫, 大谷 崇
    International Journal of Business Research  9  (5)  45-53  2009年10月 
  3. A Design Method To Extend Stations To The Existing Flexible Mixed-Product Line
    木村 有寿, 松冨 達夫, 大谷 崇
    International Journal of Business Research  10  (4)  45-51  2010年10月 

MORE

講演・口頭発表等

  1. Advanced Fissiparous Algorithm for Designing Flexible Mixed-Product Lines , 木村 有寿, 松冨 達夫, 大谷 崇 , The nines International Conference on Industrial Management , 2008年9月
  2. 技術的制約条件だけでなく設計者の意図を考慮したフレキシブル混合品種ライン設計法 , 木村 有寿, 松冨 達夫, 大谷 崇 , 日本経営システム学会第41回全国研究発表大会 , 2008年12月
  3. 技術的制約条件だけでなく設計者の意図を考慮すべきフレキシブル混合品種ラインの再設計法―構造形成遺伝子と個体生存条件を変更する個体分裂アルゴリズムを用いる生産システムの設計法に関する研究(第2報)― , 木村 有寿, 松冨 達夫, 大谷 崇 , 日本経営工学会平成21年度春季大会 , 2009年5月

MORE

MISC

  1. 誤差逆伝播学習によるニューロ・ファジィGMDHでの関数近似 (共著) , 日本経営工学論文集 , 47 , 6 , 384 , 392 , 1997年
  2. 逐次射影法によるニューロ・ファジィGMDHの学習 (共著) , 日本ファジィ学会誌 , 9 , 4 , 472 , 484 , 1997年
  3. ニューロ・ファジィGMDHの階層数の選択 (共著) , 日本経営工学会論文誌 , 9 , 4 , 125 , 132 , 1997年

MORE

競争的資金

  1. GMDH型適応学習ネットワークに関する研究

技術相談