教員・研究者紹介

大田 和彦

大田 和彦
教授
所属 工学部 建築学科
システム工学研究科
学位 工学博士
専門 建築構造学(鉄筋コンクリート構造)、耐震工学
ジャンル 文化/現代建築
コメント 建築構造の耐震性について研究しています。特に、鉄筋コンクリート構造分野での新しい耐震壁の開発や、蓄熱性能を有する耐力壁による外断熱木造住宅の開発を行っています。
リサーチマップ https://researchmap.jp/read0033964

高校生の方へ 研究室紹介

地震に強い、安心・安全な建築物を建てる技術の開発を研究。

地震入力エネルギー吸収型の組積コンクリート耐震壁の開発や、快適な室内空間を実現するとともに耐震性も保証した木質構造体の開発などを研究。

学歴/経歴

学歴

  • - 1987年
    広島大学 工学研究科
  • - 1987年
    広島大学 Graduate School, Division of Engineering
  • - 1981年
    近畿大学 工学部
  • - 1981年
    Kinki University Faculty of Engineering

経歴

  • 2011年
    近畿大学 工学部 教授
  • 2001年 - 2010年
    近畿大学 工学部 准教授
  • 1992年 - 2001年
    近畿大学 工学部 講師
  • 1987年 - 1991年
    Hiroshima University, Research Assistant
  • 1987年 - 1991年
    広島大学 工学部 助手

研究活動情報

研究分野

  • 社会基盤(土木・建築・防災), 建築構造、材料

論文

  1. 蓄熱体を用いた外断熱木質構造体耐力壁の提案 その 2‐セメント成形板を用いた軸組耐力壁の予備実験
    大田 和彦
    日本建築学会学術講演梗概集DVD構造Ⅲ  2016  791-792  2016年8月 
  2. 蓄熱体を用いた外断熱木質構造体耐力壁の提案 : その1 セメント成形板を用いた軸組耐力壁の静的繰り返し実験
    大田 和彦
    日本建築学会学術講演梗概集DVD構造Ⅲ  2015  269-270  2015年9月 
  3. イオン化カルシウム水溶液を用いたコンクリートの圧縮特性、引張、曲げによる強度の相関関係に関する研究
    大田 和彦; 森村 毅
    近畿大学工学部研究報告  45  2011年12月 

MORE

書籍等出版物

  1. 史上最強図解これならわかる!構造力学 , 大田 和彦 , 2011年8月
  2. はじめて学ぶ建築構造力学 , 大田 和彦; 藤井 大地 , 森北出版 , 2008年4月
  3. 新しい鉄筋コンクリート構造 , 森北出版株式会社 , 2002年

講演・口頭発表等

  1. 蓄熱体を屋内側に設けた外断熱木質構造体耐力壁の設計と実験計画 , 大田 和彦 , 日本建築学会中国支部研究報告会 , 2019年3月3日
  2. 地震入力エネルギー消費型組積コンクリート耐震壁用ブロックの考案 , 大田 和彦 , 日本建築学会中国支部研究報告会 , 2019年3月3日
  3. 新しいコンクリート耐震壁の提案、その2 課題の考察 , 大田 和彦 , 日本建築学会中国支部研究報告会 , 2018年3月

MORE

MISC

  1. 膨張コンクリート充填鋼管材の圧縮時の力学モデル , コンクリート工学論文集 , 13(2), 99-107 , 2002年
  2. Mechanical model of Expansive Concrete Filled Steel Tuke under Compression Force , CONCRETE RESEARCH AND TECHNOLOGY , 13(2), 99-107 , 2002年
  3. 高膨張コンクリートの調合とその充填鋼管材の圧縮特性 , コンクリート工学論文集 , 12 , 2 , 61 , 2001年

MORE

共同研究・競争的資金等の研究課題

  1. 平鋼を挿入した膨張コンクリ-ト充填鋼管ブレ-ス材の力学的特性に関する研究
  2. Mechanical Characteristics of Steel Pipe Braces Filled with Expansive Concrete

技術相談