教員・研究者紹介

小森 喜久夫

小森 喜久夫
准教授
所属 工学部 化学生命工学科
システム工学研究科
学位 博士(工学)
専門 電気化学
ジャンル 科学・技術/化学
コメント 生体素子の認識機能を利用した情報・物質・エネルギー変換に関する研究を進めている。バイオアッセイやバイオセンシングなど、医療・環境評価に役立つバイオデバイスへの応用を目指している。
リサーチマップ https://researchmap.jp/kkomori

高校生の方へ 研究室紹介

生体分子を利用した高機能バイオデバイスの開発へ

認識機能をもつ生体分子の情報・物質・エネルギー変換の研究から、医療・食品・環境分野で役立つ高機能のバイオセンサなど、新規デバイス開発をめざす。

研究活動情報

研究分野

  • ナノテク・材料, 機能物性化学
  • ナノテク・材料, 基礎物理化学
  • ライフサイエンス, 生体材料学
  • ライフサイエンス, 生体医工学
  • ものづくり技術(機械・電気電子・化学工学), バイオ機能応用、バイオプロセス工学

論文

  1. Coculture with hiPS-derived intestinal cells enhanced human hepatocyte functions in a pneumatic-pressure-driven two-organ microphysiological system
    Marie Shinohara; Hiroshi Arakawa; Yuuichi Oda; Nobuaki Shiraki; Shinji Sugiura; Takumi Nishiuchi; Taku Satoh; Keita Iino; Sylvia Leo; Yusuke Kato; Karin Araya; Takumi Kawanishi; Tomoki Nakatsuji; Manami Mitsuta; Kosuke Inamura; Tomomi Goto; Kenta Shinha; Wataru Nihei; Kikuo Komori; Masaki Nishikawa; Shoen Kume; Yukio Kato; Toshiyuki Kanamori; Yasuyuki Sakai; Hiroshi Kimura
    Scientific Reports  11  (1)  5437  2021年12月  [査読有り]
  2. Application of a Thin-Film Transistor Array for Cellular-Resolution Electrophysiology and Electrochemistry
    Anne-Claire Eiler; Pierre-Marie Faure; Junichi Sugita; Satoshi Ihida; Dongchen Zhu; Yasuyuki Sakai; Katsuhito Fujiu; Kikuo Komori; Hiroshi Toshiyoshi; Agnes Tixier-Mita
    IEEE Transactions on Electron Devices  68  (4)  2041-2048  2021年4月  [査読有り]
  3. Bioelectrochemical detection of histamine release from basophilic leukemia cell line based on histamine dehydrogenase-modified cup-stacked carbon nanofibers
    Kikuo Komori; Yuto Komatsu; Masaharu Nakane; Yasuyuki Sakai
    Bioelectrochemistry  138  107719  2021年4月  [査読有り]

MORE

書籍等出版物

  1. In Vivo Inhalation Toxicity Screening Methods for Manufactured Nanomaterials , K. Komori; K. Iwasawa; R. Ogasawara; A. Suwabe; Y. Sakai , In Vitro Alveolar Epithelial Models toward the Prediction of Cytotoxicity Tests and Translocation Studies of Nanoparticles , In Vitro Alveolar Epithelial Models toward the Prediction of Cytotoxicity Tests and Translocation Studies of Nanoparticles , Springer , 2019年
  2. 臓器チップの技術と開発動向 , 小森喜久夫; 酒井康行 , (第III編・第3章)In vitro培養肺胞モデルとチップ化検討 , (第III編・第3章)In vitro培養肺胞モデルとチップ化検討 , シーエムシー出版 , 2018年
  3. 細胞培養・品質管理の基礎知識と細胞培養機材の利用・開発・評価の留意点 , 篠原満利恵; 木村圭一; 肖 文晋; ポーデル・サパナ; 小森喜久夫; 酒井康行 , 第10章 細胞培養機材と細胞の関係〜第4節 ガス透過性機材と細胞の関係 , 第10章 細胞培養機材と細胞の関係〜第4節 ガス透過性機材と細胞の関係 , (株)情報機構 , 2016年

MORE

MISC

  1. グルコースセンサ集積型マイクロ流体デバイスを用いた細胞動態オンライン計測 , 鈴木智稀; 小森喜久夫; 槌谷和義; 槌谷和義; 酒井康行; 藤井輝夫; 木村啓志; 木村啓志 , 化学とマイクロ・ナノシステム学会研究会講演要旨集 , 37th , 94 , 2018年5月21日
  2. 生体内や培養下における酸素の輸送現象 , 酒井康行; 篠原満利恵; 小森喜久夫 , 化学工学 , 81 , 117 , 119 , 2017年
  3. 肝細胞培養マイクロデバイス内における酸素濃度可視化手法の基礎的検証 , 松本 倫実; Leclerc Eric; 前川 敏郎; 木下 晴之; 篠原 満利恵; 小森 喜久夫; 酒井 康行; 藤井 輝夫 , 精密工学会学術講演会講演論文集 , 2016 , 0 , 301 , 302 , 2016年
    概要:デバイス表面のガス透過性を低下させることで,デバイス外の環境に関わらず,上流から下流にかけての細胞による酸素消費のみによる溶存酸素濃度の変化を捉えることのできる肝細胞培養マイクロ流体デバイスを製作した.酸素感応性蛍光色素を混合した薄膜を用いてデバイス内の酸素濃度を可視化する手法を考案し,流入口と流出口に配置した酸素センサによる測定結果を用いてこの手法を評価した.

MORE

共同研究・競争的資金等の研究課題

  1. 日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(C), ダイナミック細胞応答を観測可能な統合化インビトロシステム構築 , 近畿大学