教員・研究者紹介

山本 和彦

山本 和彦
准教授
所属 工学部 化学生命工学科
システム工学研究科
学位 医学博士
専門 生化学、病態生化学
ジャンル 科学・技術/遺伝子・DNA技術
コメント メタボリックシンドロームなどの疾患を、関連する様々なタンパク質や遺伝子を解析し、個々の因子の生理機能に加えネットワークとして理解し、病態を含む生理活動をシステムとして考えています。
リサーチマップ https://researchmap.jp/kazuy

高校生の方へ 研究室紹介

高血圧症因子の遺伝子解析などタンパク質の機能・構造を研究。

遺伝的に高血圧を示すラットのタンパク質の機能や構造を調査。疾患の分子構造を解析して、病気の診断や予防、薬剤の設計に生かす研究を行っている。

研究活動情報

研究キーワード

タンパク質精製, 情報伝達機構, 転写, エピジェネティック, 高血圧自然発症ラット, プロテアーゼインヒビター, プロテアーゼ, ミトコンドリア, cDNA, タンパク質細胞内輸送

論文

  1. Effects of Organic Acids and Polysaccharides on the Solubility of Oyster-derived Zinc Digested in Vitro
    Y.Watanabe, D. Honda, Y. Tatewaki, Y. Motonishi, and K. Yamamoto
    Organic Acids: Characteristics, Properties and Synthesis  103-112  2017年  [査読有り]
  2. 心肥大関連因子ネットワークから導出される常微分方程式に対する解の非負値性と動的平衡点の構造
    山本和彦
    日本応用数理学会論文誌  26  (1)  84-104  2016年  [査読有り]
  3. Mathematical approach to cardiac hypertrophy for spontaneously hypertensive rats

    Advances in Mathematical Sciences and Applications  23  (1)  1-33  2013年  [査読有り]

MORE

MISC

  1. 高血圧自然発症ラット(SHRs)肝臓におけるNrf2‐Keap1機構に関する検討 , 沖胡由希子, 山田芽吹, 佐藤僚太, 藤本和, 藤井春佳, 山本和彦, 山本和彦 , 日本生化学会大会(Web) , 90th , ROMBUNNO.2P‐1005 (WEB ONLY) , 1005] , 2017年12月 , http://jglobal.jst.go.jp/public/201702241621034191
  2. 高血圧自然発症ラット(SHRs)におけるNrf2‐Keap1機構の検討 , 沖胡由希子, 山田芽吹, 佐藤僚太, 藤本和, 藤井春佳, 山本和彦, 山本和彦 , 高血圧関連疾患モデル学会学術総会抄録集 , 53rd (Web) , 76 (WEB ONLY) , 2017年 , http://jglobal.jst.go.jp/public/201802287315604112
  3. 高血圧自然発症ラットにおける心肥大形成の制御 , 青木真美子, 山本由紀子, 山本和彦 , 日本病態生理学会雑誌 , 25 , 2 , 35 , 35 , 2016年7月26日 , http://jglobal.jst.go.jp/public/201802257051386748

MORE

技術相談