教員・研究者紹介

苅部 甚一

苅部 甚一
講師
所属 工学部 化学生命工学科
学位 博士(理学)
専門 環境化学
ジャンル 環境/地球環境
コメント 水圏生態系の構造とその中に存在する放射性物質、重金属等の挙動の解明や分析法の開発に関する研究を行っている。
リサーチマップ https://researchmap.jp/10596935

高校生の方へ 研究室紹介

水圏生態系の現状を調べ、様々な水環境問題の解決に貢献する。

環境としての水圏生態系の構造とその中に存在する放射性物質、重金属等の挙動や分析法について、実験室と野外を行き来しながら研究を進めている。

学歴/経歴

経歴

  • 2018年4月 - 現在
    近畿大学 工学部 化学生命工学科 講師
  • 2014年5月 - 2018年3月
    茨城大学 広域水圏環境科学教育研究センター 特任助教
  • 2011年4月 - 2014年4月
    国立環境研究所 環境計測研究センター 特別研究員
  • 2010年9月 - 2011年3月
    国立環境研究所 化学環境研究領域 アシスタントフェロー

研究活動情報

研究分野

  • 環境・農学, 環境動態解析
  • ライフサイエンス, 生態学、環境学
  • 環境・農学, 放射線影響

研究キーワード

環境モニタリング, 食物網, 安定同位体比, 放射性ストロンチウム, 環境放射能

論文

  1. Repeatability and reproducibility of measurements of low dissolved radiocesium concentrations in freshwater using different pre‑concentration method
    Kurihara M; Yasutaka T; Aono T; Ashikawa N; Ebina H; Iijima T; Ishimaru K; Kanai R; Karube Z; Konnai Y; Kubota T; Maehara Y; Maeyama T; Okizawa Y; Ota H; Otosaka S; Sakaguchi A; Tagomori H; Taniguchi K; Tomita M; Tsukada H; Hayashi S; Lee S; Miyazu S; Shin M; Nakanishi T; Nishikiori T; Onda Y; Shinano T; Tsuji H
    J Radioanal Nucl Chem  322  (2)  477-485  2019年11月  [査読有り]
  2. Novel method for low level Sr-90 activity detection in seawater by combining oxalate precipitation and chelating resin extraction
    Hirofumi Tazoe; Hajime Obata; Masatoshi Tomita; Shinya Namura; Jun Nishioka; Takeyasu Yamagata; Zin'ichi Karube; Masatoshi Yamada
    GEOCHEMICAL JOURNAL  51  (2)  193-197  2017年  [査読有り]
  3. Radiostrontium monitoring of bivalves from the Pacific coast of eastern Japan
    Zin'ichi Karube; Yoko Inuzuka; Atsushi Tanaka; Katsuaki Kurishima; Nobuharu Kihou; Yasuyuki Shibata
    ENVIRONMENTAL SCIENCE AND POLLUTION RESEARCH  23  (17)  17095-17104  2016年9月  [査読有り]

MORE

書籍等出版物

  1. A food web and its long-term dynamics in Lake Biwa: a stable isotope approach. In: Lake Biwa: Relationship between Human and Nature, Second Edition. (Eds. Nakamura M. et al.) , Okuda N; T Takeyama; T Komiya; Y Kato; Y Okuzaki; J Karube; Y Sakai; M Hori; I Tayasu; T Nagata , 2020年
  2. Shibata J, Karube Z, Sakai Y, Takeyama T, Tayasu I, Yachi S, Nakano S, Okuda N (2014): Long-Term and Spatial Variation in the Diversity of Littoral Benthic Macroinvertebrate Fauna in Lake Biwa, Japan, In: Integrative Observations and Assessments (Ecological Research Monographs) (Eds. Nakano S et al.) , Shibata J; Karube Z; Sakai Y; Takeyama T; Tayasu I; Yachi S; Nakano S; Okuda N , Springer , 2014年
  3. 第11章 同位体の利用法: 淡水生態学のフロンティア(シリーズ 現代の生態学9)(吉田丈人,鏡味麻衣子,加藤元海,日本生態学会編) , 陀安一郎; 苅部甚一; 石川尚人 , 2012年

MORE

MISC

  1. 活魚測定法を用いた渓流魚の給餌飼育における放射性セシウムの取り込み・排出のモニタリングと魚体内のセシウム低減化法に関する研究 , 鈴木貴大; 中里亮治; 上田仁; 苅部甚一 , 日本水環境学会年会講演集 , 52nd , 443 , 2018年3月9日
  2. 避難指示区域内の山地河川に生息する渓流魚の放射性セシウム濃度の推移について , 中里亮治; 鈴木貴大; 上田仁; 川上拓磨; PARK Soeun; 上野山諒一; 櫛井優志; 苅部甚一; 鈴木仁根; 加藤健一 , 日本水環境学会年会講演集 , 52nd , 442 , 2018年3月9日
  3. 山地河川における福島第一原子力発電所事故由来の放射性ストロンチウムの分布調査 , 苅部甚一; 鈴木貴大; 川上拓磨; PARK Soeun; 上田仁; 中里亮治; 鈴木仁根; 加藤健一; 田副博文; 田中敦 , 日本水環境学会年会講演集 , 52nd , 439 , 2018年3月9日

MORE

共同研究・競争的資金等の研究課題

  1. (公財)サタケ技術振興財団, (公財)サタケ技術振興財団・2020年度大学研究助成, 魚の骨による河川水中放射性Sr濃度推定法の開発
  2. 放射能環境動態・影響評価ネットワーク共同研究拠点, 2020年度放射性物質環境動態・環境および生物への影響に関する学際共同研究, 貝殻を用いた海水中の放射性ストロンチウムモニタリング法の検討
  3. 放射能環境動態・影響評価ネットワーク共同研究拠点, 2019年度放射性物質環境動態・環境および生物への影響に関する学際共同研究, 河川環境における魚の骨を用いた福島第一原子力発電所事故由来の放射性ストロンチウム汚染の評価

MORE

技術相談