【空手道部】第77回国民体育大会中国地区予選  成年男子個人形 野村史穏選手 初制覇!!

2022.07.26

  • ブログ

第77回国民体育大会の中国地区予選となる、第44回中国地区空手道選手権大会が7月24
日、廿日市市で開催され、成年男子個人形でロボティクス学科3年野村史穏(山口県代表)が初優勝し、栃木国体(10月2日~4日)の代表に決定しました! 長年準優勝が続いていただけに優勝の瞬間目に光るものがありました。

0726_chugoku.jpg
 成年男子個人形 優勝 野村史穏(ロボ)

また、第56回近畿地区空手道選手権大会では、和歌山県代表で出場の谷口暁理(情報学科3年)・仲島琳太郎(ロボティクス学科2年)の活躍でレベルの高い近畿地区において和歌山県の初優勝に貢献しました。

0726_kansai.jpg
団体組手 優勝 和歌山県(右から4番目:谷口暁理(情報)、右端:仲島琳太郎(ロボ))

第48回九州地区空手道選手権大会では、北代涼馬(情報学科2年)・河野太貴(ロボティクス学科2年)の活躍により、団体組手で福岡県が優勝、また重量級では本校空手道部OBの江藤純哉さん(大分市消防局)と山内健太郎(情報学科2年)の対戦となり、7対6で、江藤純哉さんが優勝しました。

0726_kyusyu01.jpg
団体組手 優勝 福岡県(左:北代涼馬(情報)、中:河野太貴(ロボ))

0726_kyusyu02.jpg
成年男子個人組手重量級(右:優勝 江藤純哉さん(OB)、左:準優勝 山内健太郎(情報))

学生連盟の大会のみならず国体へ向けて、各県代表となり多くの学生が活躍しています。
今年の栃木国体は各県より15名の代表を目指します。
ご声援のほどよろしくお願いいたします。