教員紹介

新開 潤一

新開 潤一
講師
所属 経営学部 商学科
学位 博士(応用経済学)
専門 国際金融
ジャンル 経済/国際金融
コメント 貿易・金融経路を通じた国際的な景気循環の連動。為替レート変動と物価との関係。金融主導の景気変動(金融循環)の国際比較分析。生産性変動と産業構造変化の相互作用の国際比較分析。
リサーチマップ http://researchmap.jp/j-shinkai

学歴/経歴

学歴

  • 大阪大学大学院 経済学研究科
  • 関西大学 経済学部 経済学科

経歴

  • 2017年4月 - 現在
    近畿大学 経営学部 講師
  • 2016年4月 - 2017年3月
    札幌学院大学 経済学部 講師
  • 2014年4月 - 2017年3月
    関西学院大学 国際学部 非常勤講師
  • 2009年6月 - 2016年3月
    大阪大学大学院 国際公共政策研究科 特任研究員

研究活動情報

研究分野

  • 経済学, 金融・ファイナンス
  • 経済学, 経済政策

研究キーワード

生産性, 産業構造変化, 国際マクロ, 金融論

論文

  1. 金融リンケージと日本の景気循環:FCIによる分析
    新開 潤一
    金融経済研究  34  28-43  2012年  [査読有り]

書籍等出版物

  1. Lost Decades in Growth Performance , 新開 潤一 , 分担執筆 , Ch. 3 It’s Not Structural Change, but Domestic Demand: Productivity Growth of Japan , Palgrave Macmillan , 2015年

講演・口頭発表等

  1. Industrial Convergence in East Asia , 新開 潤一 , The 15th International Convention of the East Asian Economic Association, Bandung , 2016年11月
  2. Financial Cycles in Emerging Asia: An Analysis Using Financial Conditions Index , 新開 潤一 , the 14th International Convention of the East Asian Economic Association, Bangkok , 2014年11月
  3. Export Sophistication and Economic Growth: A Panel VAR Approach , 新開 潤一 , 日本経済学会2014年度秋季大会、博多 , 2014年10月

MORE

MISC

  1. 金融サイクルと景気循環 , 新開 潤一 , 国際学研究 , 6 , 3 , 115 , 124 , 2017年3月
  2. ASEANにおける共通通貨導入 : 一般化購買力平価理論による検証 , 新開 潤一 , 大阪大学経済学 , 66 , 1 , 10 , 23 , 2016年6月
    概要:SGURK 本稿では、一般化購買力平価(Generalized Purchasing Power Parity、G-PPP)理論に基づき、ASEANにおける共通通貨導入の可能性と最適通貨圏の規模を検証する。G-PPP理論では各国の実質為替レートに長期均衡関係が存在すれば、それらの国は最適通貨圏の条件を満たすとしている。本稿では、その基準においてASEAN各国の実質為替レートに対して共和分検定を行い、長期均衡関係の有無を検証した。分析の結果、インドネシア、ラオス、フィリピン、タイ、ベトナムにおいて、共通通貨導入の可能性があることが示唆された。ただし、ASEAN全域での共通通貨導入は困難であるという結果となった。将来的に共通通貨の導入を実現するには、ASEANにおける更なる通貨政策の協力が不可欠だと思われる。
  3. 太平洋地域における為替レートのパス・スルー効果の検証 , 新開 潤一 , 大阪大学経済学 , 61 , 2 , 37 , 47 , 2011年

MORE