卒業生からのメッセージ

TOP > 卒業生からのメッセージ

卒業生からのメッセージ

学年や、肩書きなどは取材時のものです。

太田萌子(おおたもえこ)
日本文学専攻 言語・文学コース 深澤 愛ゼミ
太田萌子(おおたもえこ)さん

現在のお仕事の内容は?

大阪府内の公立中学校で国語教員をしています。とても忙しい毎日ですが、たくさんの刺激を受けながら充実した日々を過ごしています。

大学時代を振り返って

私にとって大学時代は「夢を叶えるための時間」でした。近畿大学に入る前から教員になりたいと思っていた私にとって、大学時代すべての経験が夢への道のりだったと思います。近畿大学に教育学部はなく、文芸学部の授業以外に教職の授業を履修しなくてはならず、人より授業数が多くたいへんでしたが、学部を越えた友人ができ、自分の世界が広がりました。この大学は教員を目指している学生が多く、同じ夢を持つ仲間に出会えたので、支えあい、励まし合いながら教員採用試験を受けることができました。大学の図書館に残って遅くまで勉強できたのは、一緒に頑張る仲間がいたからです。

履修した科目について

シラバスを読んで、自分の興味がある授業はできる限り履修するようにしていました。中・高の教員免許を取るために、学部の授業以外に教職の授業も履修しなくてはいけなかったので、本当に忙しい毎日でした。でも、大学で得た知識や見方考え方が、今の仕事に活かされる場面がたくさんあります。短歌を学ぶ授業での恋の歌や、手話の授業など自分の興味があった内容は、中学生にも興味深いものが多く、授業を作っていく上でのスパイスとして役立っています。余裕があれば、もっと多くの授業を履修したかったと今思います。

ゼミの思い出

深澤愛先生のゼミでは本当にたくさんの思い出ができました。お互いの研究の経過報告をするゼミの授業では、それぞれの卒業論文のテーマが全く違っていたので、とても楽しかったです。「言語」という共通点はあっても、海外の日本漫画について、ラップの歴史など、それぞれが自分の興味のあることを調べていたので、毎回発表や討論でたくさんの刺激をもらいました。卒業論文のテーマも国語教育に関係あるものにしたいという私の希望を受け入れてくださり、最後まで有意義に研究することができました。ゼミの部屋でみんなとたわいもない話をするひと時も、私にとっては貴重な時間でした。

学生の頃の経験で、現在に活きていることは?

学生時代は、飲食店でのアルバイトや家庭教師以外に、公立中学校でのボランティアをしていました。大学の授業を一、二回生のうちにたくさんとっておき、三回生の時から毎週水曜日は、大学へは行かず中学校でボランティアをしていました。そこで実際の教育現場を覗くことができ、生徒への関わり方を学びました。また、サークル活動も積極的に参加し、そこで人間関係の作り方やコミュニケーション能力を身につけました。勉強漬けの毎日では、今の自分はいなかったと思います。自分のやりたいことをたくさんやったからこそ、今の自分があります。学生時代の経験すべてが今の自分を創る肥やしになりました。

受験生・後輩へのメッセージ

大学で何をしたいかがとても大切だと思います。自分の時間がたくさんあるのが大学時代です。社会人になってから、学生時代に「やっとけばよかった~」と思うことがたくさんあります。大学で様々なことに挑戦し、自分を磨くための時間を過ごしてください。先生方が様々なかたちでサポートしてくださいます。

また、教育学部にいくことだけが教師への道ではないはずです。日本文学専攻で専門的なことを学ぶことは強みになるはずです。自分の興味のある分野を深く学び、それを武器に教壇に立ってほしいと思います。


浦川 育子
日本文学専攻 言語・文学コース 藤巻 和宏ゼミ
浦川 育子さん

現在のお仕事の内容は?

NTTドコモ 法人営業担当(お客様訪問・新規開拓・事務所の内勤業務)

大学時代を振り返って

私の大学生活の中で最も思い出に残っているのが、インドネシアへのインターンシップです。「日本文学の授業で学んだノウハウを活かして、現地の大学生に日本語を教える」という内容でした。文化や環境が全く違う相手に、どうやって日本語を教えれば良いのか四苦八苦した記憶があります。この経験のおかげで相手目線の大切さや、文化の違う人達と交流する事の面白さを知る事が出来ました。

日本文学専攻として入学した私は、海外交流が出来る機会なんて無いと考えていたので、インターンシップにチャレンジ出来た時は嬉しかったですね。

履修した科目について

古典文学系科目(源氏物語・枕草子等)

古典文学は物語の中に伏線やパロディ、超展開が盛り込まれていてじっくり考察すると面白いです。物語の考察が好きな方にはおすすめです。

ゼミの思い出

超甘い物好き!朝・昼・晩食事は「博多通りもん」でOKな藤巻先生ゼミでした。

ゼミ生は5人の比較的こじんまりとしたゼミでしたが、その分各々が集中して自分の研究に没頭できたと思います。たまに先生と全員で、甘味とお茶を楽しみながら雑談をして、卒論の合間の気分転換をしていました。とても良い思い出です。

学生の頃の経験で、現在に活きていることは?

「粘り強さ」でしょうか。

就職活動の際に「絶対にこの会社で仕事がしたい」と考えたら、何度も会社説明会に参加して人事担当者にアピールし、顔を覚えてもらっていました。またエントリーシートもキャリアセンターの方やハローワークの方など複数人の方に見て頂いて何十回と書き直し、提出していました。

就職活動の際の経験で学んだ粘りの姿勢が、お客様に粘り強くアプローチしなければならない営業の仕事でも活きている気がします。

受験生・後輩へのメッセージ

大学4年間、色んな事に是非チャレンジしてください。

サークルやアルバイト、資格の取得でも何でも構いません。自分が今までやってみたかった事を、時間のあるうちにとことんやり尽して下さい。

社会人になると、時間の制約が有りチャレンジしたくても出来ない事が沢山あります。学生の内に沢山の事にチャレンジをして、皆さんの自信と力にしていってください。応援しています。


片木 崇偉(かたぎ たかひで)
日本文学専攻 言語・文学コース 浅野 洋ゼミ(昨年度退任)
片木 崇偉(かたぎ たかひで)さん

現在のお仕事の内容は?

大学院生(近畿大学院 文芸学研究科 日本文学専攻 言語・文学系 佐藤秀明ゼミ)

大学時代を振り返って

自分のしたいことに精一杯努力し、挑戦できたのが私の大学時代です。日本語を海外の人に伝えたいと思ったら、すぐにインターンシップの機会を利用してインドネシアの大学で日本語を伝えてみたり、自分が理解できなかった授業の内容について教授と討論してみたり、今振り返ればやりたいことを思う存分できた四年間だったと思います。

しかし、やりたいことを精一杯するために、日本の文化と海外の文化の違いや、日本語独自の言い方、小説をひたすら読むなど、自分に出来る限りの努力を続けた四年間でもありました。

履修した科目について

今でも一つ一つの講義内容がどんなものだったかを思い出せるほどこびり付いている授業もあれば、全く憶えていない授業もあります。

大学が高校までと違うのは、自ら選び自ら学べることです。私は不器用なので取れるだけ受講し、取った講義は一つも落とさないつもりで受講していましたが、色々な履修の仕方、様々な学習の仕方があると思います。

手を抜こうと思えばいくらでも手を抜けますが、一度学ぼうと思えば底は知れません。

ゼミの思い出

三回生から指導教授のもとで、ゼミという少人数のグループで勉強していきます。

同学年でも、「こんな人いたっけ?」という人と同じゼミになったりします。

色々授業の話をしたり、将来の話をしたり、楽しい時間も過ごせますが、逆もまたしかり。

私は、ゼミの時間に寝ていたり、発表をすっぽかすゼミ生を一度も見たことがありません。

全員が全員、誰かが発表する作品、論に対し、「何か一言でも言おう。」というギラギラした目をしていたことを忘れることができません。

学生の頃の経験で、現在に活きていることは?

私の場合、義務教育では、計画を立て手順通りできることを。

高校では、受験勉強を学びました。

大学では何を学んだかというと、大きくは2つです。

1つ目は、自己管理。

体調はもちろんのこと。発表のための準備期間、レポートの作成期間。調べ物をする時間。

全てを計画を立て、修正していかなければなりません。誰も助けてはくれません。全て自己責任です。

2つ目は、主体性です。

疑問に思ったことは、とことん質問したり、指導教授以外の先生方にも聞きに行きました。

大学ほど、やる気に比例して授業の価値、学生生活の価値が変わる所はないと私は思います。なにもかもが貴方のやる気次第です。

受験生・後輩へのメッセージ

時間の無い中、ホームページを開き、わざわざ卒業生のインタビューのこんなどうでもいい記事を読んでくれた貴方。ありがとう。私たち文学を志すものが学ぶことは、実社会において何も役に立ちません。しかし、それでも、学びたい。小説を研究したい。小説を書きたいという貴方はぜひ受験し、頑張ってみてください。頑張り続けてみてください。

あなたの未来が実り多からんことを。

願書・資料請求はこちらから

お電話でのお問い合わせは
【近畿大学入学センター】まで

06-6730-1124

ページトップへ