教員紹介

古薗 勉

古薗 勉
教授
所属 生物理工学部 医用工学科
生物理工学研究科
学位 博士(工学)、博士(医学)
専門 医用材料工学、人工臓器学、透析医学
ジャンル 医療・健康/医学
コメント ナノテクノロジーによるバイオマテリアルを開発し、ベンチャー企業を立ち上げて医療機器製造・販売に係る事業化を行っています。また臨床では、我が国の在宅血液透析を推進しています。
リサーチマップ https://researchmap.jp/furuzono

ナノテク・バイオマテリアルによる医療機器の創出と治療法開発に挑む

臨床工学技士として臨床の場で研鑽を積んだ後、研究者に転身し、国立研究機関で基礎研究から応用化までを実践してきました。独自のナノテクノロジーによるバイオマテリアルから医療機器の創出をめざします。具体的には、抗菌・静菌材料、感染を防ぐ医療機器、糖尿病合併症治療法の開発などを手がけています。

ソフトナノセラミック・テクノロジーによる医療機器の創出(研究事例)