教員紹介

宮下 尚之

宮下 尚之
准教授
所属 生物理工学部 生命情報工学科
生物理工学研究科
学位 博士(理学)
専門 生体分子シミュレーション
ジャンル 科学・技術/物理学
コメント 生命システムに関わる生体分子の構造・ダイナミクスをスパコンを使って予測し、次世代の医療・産業への貢献を目指す。以前、京コンピュータプロジェクトのライフサイエンス研究の研究員でした。
リサーチマップ https://researchmap.jp/yukimya

スーパーコンピュータを用いた生体分子シミュレーションを通して生命システムの理解と予測をめざす

生体分子は生体・細胞活動に必須の物質で、僅かな変異や環境変化が疾患プロセスや分裂などの細胞システムに大きく影響を与えることがあります。その様な生体分子システムのシミュレーションをスーパーコンピュータなどで実施し、メカニズムの探求をしています。そして将来的に生命システムの理解と予測、次世代医療・産業への貢献をめざしています。

ビッグデータ解析や分子シミュレーション技術を病気のしくみの解明や新しい薬の開発に応用する(研究事例)