教員紹介

犬伏 徹志

犬伏 徹志
講師
所属 建築学部 建築学科 
学位 博士(工学)
専門 免震構造
ジャンル 科学・技術/建設
コメント 主に地震、特に設計時の想定を超えるような大地震による免震構造の挙動・被害について研究しています。
リサーチマップリンク https://researchmap.jp/7000028177

学歴/経歴

学歴

  • 2010年4月 - 2013年3月
    大阪大学 大学院工学研究科 地球総合工学専攻
  • 2004年4月 - 2006年3月
    大阪市立大学大学院 工学研究科 都市系専攻
  • 2000年4月 - 2004年3月
    大阪市立大学 工学部 建築学科

経歴

  • 2006年4月 - 2013年3月
    株式会社構造計画研究所 構造設計部

研究活動情報

研究分野

  • 建築学, 建築構造・材料

研究キーワード

免震構造, 動的相互作用

論文

  1. 擁壁部水平抵抗簡易評価法を用いた免震建物模型の擁壁衝突実験のシミュレーション解析
    ◎<U>犬伏徹志</U>,宮本裕司,荏本孝久
    日本建築学会技術報告集  24  (56)  53-57  2018年2月  [査読有り]
  2. 免震建物の擁壁衝突を模擬する簡易解析モデルの構築に関する研究
    ◎<U>犬伏徹志</U>
    博士論文  2017年9月 
  3. 擁壁が弾塑性特性を有する場合の簡易評価法への適用 免震建物の擁壁衝突時における擁壁部水平抵抗の簡易評価に関する研究(その2)
    ◎<U>犬伏 徹志</U> , 宮本 裕司 , 荏本 孝久 , 山下 忠道
    日本建築学会構造系論文集  81  (730)  1993-2003  2016年12月  [査読有り]

MORE

講演・口頭発表等

  1. 極小微動アレイにより評価した動的相互作用ばねを用いた建物振動解析 神奈川大学横浜キャンパス3号館を対象として , 馬赫,<U>犬伏徹志</U>,荏本孝久 , 日本建築学会大会学術講演会 , 2018年9月
  2. 極小微動アレイ観測による横浜市域の表層地盤構造の推定に関する研究 その1 観測概要とS波速度構造の推定例 , 荏本孝久,馬赫,落合努,<U>犬伏徹志</U>,先名重樹 , 日本建築学会大会学術講演会 , 2018年9月
  3. 卓越周期と増幅率を用いたハザード評価法の適用性に関する基礎的検討 , 落合努,<U>犬伏徹志</U>,荏本孝久 , 日本建築学会大会学術講演会 , 2018年9月

MORE

競争的資金

  1. 免震建物の擁壁衝突時における擁壁部特性の評価に関する研究