教員紹介

築山 拓司
  • 築山 拓司
  • 准教授
所属 農学部 農業生産科学科
農学研究科
学位 博士(農学)
専門 植物育種学
コメント 「動く遺伝子」トランスポゾンが生み出す遺伝的多様性(=個性)を研究しています。得られた知見を基に、作物の品種改良に有用な変異創成技術の開発を目指しています。
リサーチマップリンク https://researchmap.jp/read0070149

学歴/経歴

学歴

  • 2001年4月 - 2005年3月
    京都大学大学院 農学研究科
  • 1999年4月 - 2001年3月
    京都大学大学院 農学研究科
  • - 2001年
    京都大学
  • 1994年4月 - 1998年3月
    近畿大学 農学部

経歴

  • 2019年4月 - 現在
    タキイ研究農場付属園芸専門学校 講師
  • 2018年4月 - 現在
    吉備国際大学 地域創成農学部 非常勤講師
  • 2016年4月 - 現在
    近畿大学 農学部 准教授
  • 2007年4月 - 2016年3月
    京都大学大学院 農学研究科 助教
  • 2005年11月 - 2007年3月
    京都大学大学院 農学研究科 助手

研究活動情報

研究分野

  • 環境・農学, 遺伝育種科学
  • 環境・農学, 遺伝育種科学

研究キーワード

Transposable element, トランスポゾン, キチナーゼ, 育種, イネ

論文

  1. Lineage-specific gene acquisition or loss is involved in interspecific hybrid sterility in rice , Koide Y, Ogino A, Yoshikawa T, Kitashima Y, Saito N, Kanaoka Y, Onishi K, Yoshitake Y, Tsukiyama T, Saito H, Teraishi M, Yamagata Y, Uemura A, Takagi H, Hayashi Y, Abe T, Fukuta Y, Okumoto Y, Kanazawa A , Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America , 115 , 9 , E1955-E1962 , 2018年1月 , 査読有り
  2. The active miniature inverted-repeat transposable element mPing post-transcriptionally produces new transcriptional variants in the rice genome , Kum R, Tsukiyama T, Inagaki H, Saito H, Teraishi M, Okumoto Y, Tanisaka T , Molecular Breeding , 35 , 159 , 2015年7月 , 査読有り
  3. The effects of phytochrome-mediated light signals on the developmental acquisition of photoperiod sensitivity in rice. , Yoshitake Y, Yokoo T, Saito H, Tsukiyama T, Quan X, Zikihara K, Katsura H, Tokutomi S, Aboshi T, Mori N, Inoue H, Nishida H, Kohchi T, Teraishi M, Okumoto Y, Tanisaka T , Scientific reports , 5 , 7709 , 2015年1月 , 査読有り
MORE

書籍等出版物

  1. 初めての酵素化学 , 築山 拓司 , 分担執筆 , 第7章 酵素の遺伝子工学/第9章 酵素の作用ーキチナーゼー , シーエムシー出版 , 2016年12月
MORE

講演・口頭発表等

  1. Transposon-mediated alternative splicing in the rice genome , Tsukiyama T, Kum R, Inagaki H, Saito H, Teraishi M, Okumoto Y, Tanisaka T , International Symposium"Establishing Next-Generation Genetics" , 2015年
  2. Utilization of active MITE mPing as a novel genetic tool for modification of stress response in rice , Yasuda K, Tsukiyama T, Saito H, Naito K, Teraishi M, Tanisaka T, Okumoto Y , 7th International Rice Genetic Symposium , 2013年11月6日
  3. Loss-of-function of an ubiquitin-related modifier RURM1 promotes the mobilization of the active MITE mPing , Tsukiyama T, Teramoto S, Yasuda K, Horibata A, Mori N, Okumoto Y, Teraishi M, Saito H, Onishi A, Tamura K, Tanisaka T , 7th International Rice Genetic Symposium , 2013年11月6日
MORE

MISC

  1. 低酸素緩和および吸水緩和がダイズ発芽時冠水耐性QTLに及ぼす影響 , 西田昌弘, 白井利奈, 寺石政義, 築山拓司, 奥本裕 , 育種学研究 , 16 , 155 , 2014年9月26日 , http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201402203617128683
  2. イネトランスポゾンmPingの転移活性を制御する因子の探索 , 寺本翔太, 築山拓司, 谷坂隆俊, 奥本裕 , 育種学研究 , 16 , 239 , 2014年9月26日 , http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201402278404493531
  3. イネ非自律性転移因子mPingによる転写産物の改変 , KUM R, 築山拓司, 稲垣晴香, 谷坂隆俊, 奥本裕 , 育種学研究 , 16 , 129 , 2014年3月21日 , http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201402297596098805
MORE

競争的資金

  1. 日本学術振興会, 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), ゲノムが転移因子との進化的軍拡競争において獲得した防御機構の解明と育種への応用
  2. 文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(A)), 活性型転移因子を利用したゲノムショック育種法の開発
  3. 文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(C)), イネ活性型転移因子mPingの活性を制御する遺伝子の単離
MORE