トピックス一覧

2017.03.17

課外講座 韓国語講座を受講された方が韓国語大会へ出場されました!

お知らせ
先月2月11日に大阪韓国文化院が主催した『第15回話してみよう韓国語』大阪大会の一般スキット部門に韓国語講座の受講生2名が出場されました。
YouTubeの映像はこちら
映像はチムジルバン(低温サウナを主体とした健康ランド)でのやりとりを演じられたものです。
お二人とも60歳を超えて(合わせて132歳!!)ますます血気盛んなコンビが通信教育部にて開講する課外講座で一から韓国語を学び、大会へ出場されるまで上達されました。
春がやってきます。何か新しいこと始めませんか?
ご興味がある方、是非韓国語講座を受講してみませんか?
HPでまたご案内しますのでチェックしてみてくださいね。

大阪韓国文化院主催の『話してみよう韓国語』とは・・・韓国語で演じながら表現を楽しむ新しいかたちの韓国語のコンテストです。
詳しくは大阪韓国文化院のホームページ(http://www.k-culture.jp)をご覧ください。

2017.03.16

図書館司書・学校図書館司書教諭コースが「一般教育訓練給付制度厚生労働大臣指定講座」の対象になりました

お知らせ

平成29年4月1日付で、図書館司書コースと学校図書館司書教諭コースの一部が「一般教育訓練給付制度厚生労働大臣指定講座」の対象になりました。
これまでも負担の少ない経費で学習環境を提供しておりましたが、さらに学びやすくなりました。
対象となるのは平成29年度4月以降(既に4月入学生として入学されている方も含む)の入学生のうち、一定の条件を満たした方です。条件や申請方法などはこちらのリーフレットをご確認ください。
※通信教育部における事務手続きに関しては修了時にご案内します。

[支給される金額(概算)]
・図書館司書コース 最大25,400円(在籍延長者も対象)
 ※面接授業科目の受講形態や在籍延長により支給金額は変動します。
・学校図書館司書教諭コース 13,000円(在籍延長者は対象外)

受給資格を満たして修了し、所要の手続きをとった場合、教育訓練経費(入学料と受講料の合計)の2割に相当する額が公共職業安定所(ハローワーク)から支給されます。
受給資格などの詳細につきましては最寄のハローワークにお問合せいただくか、厚生労働省ホームページにてご確認ください。

資料請求はこちらから