このページの本文へ移動します。

ニュースリリース

12/9(火)~11(木)五輪に向けて IBF世界ミニマム級元王者 高山勝成選手とスパーリング 

2014年12月 8日

pic_141208.jpg

近畿大学(大阪府東大阪市)が選定した「2020年東京オリンピック重点強化指定クラブ」の一つ、体育会ボクシング部の学生が、平成26年(2014年)12月9日(火)~11日(木)、18時30分より、近畿大学クラブセンターにて、大晦日に世界戦を控えるIBF世界ミニマム級元王者の高山勝成選手とスパーリングを行います。


【本件のポイント】

●世界チャンピオンとのスパーリングを通して、本学学生の技術向上を図る
●リオ五輪・東京五輪でメダル獲得に向けて、世界のレベルを肌で感じる機会とする

【本件の概要】

本学ボクシング部の学生は、大晦日に世界戦を控えるIBF世界ミニマム級元王者の高山勝成選手とスパーリングを行います。本学学生のセコンドには、元WBA世界スーパーフライ級王者で本学ボクシング部ヘッドコーチの名城信男が入り、より一層世界で戦う雰囲気を高めます。

■日  時:平成26年(2014年)12月9日(火)~11日(木)各日18:30~20:30
■場  所:近畿大学クラブセンター内 ボクシング道場
        大阪府東大阪市宝持3-11-35
        (近鉄大阪線「長瀬」駅、近鉄奈良線「八戸ノ里駅」から徒歩約20分)

【本件の背景】

本学は2020年の東京オリンピックに向けてボクシング部、洋弓部、水上競技部を重点強化指定クラブとしました。その中でも、ボクシング部は、平成26年(2014年)12月4日(木)に行われた「第66回全日本社会人ボクシング選手権 L級」でボクシング部の浅井大貴監督が優勝し、「第13回全日本女子ボクシング選手権Fe級」では、ボクシング部で唯一女子部員の国本真奈選手が準優勝しました。また、今年11月末に行われた「第84回全日本ボクシング選手権大会LF級」では1年生の芝力人選手がベスト8に入るなど着実に力をつけています。

一方、高山勝成選手は平成26年12月31日(水)にIBF同級王座決定戦を控えています。世界戦に向けて調整のため、平成26年(2014)5月7日(水)に行われた「IBF世界ミニマム級タイトルマッチ」の2度目の防衛戦前と同様に本学ボクシング部の学生とスパーリングを行います。

世界チャンピオンとのスパーリングを通して、学生がリオ五輪・東京五輪でのメダル獲得につなげられるよう技術向上を目指します。

関連リンク
東京オリンピック重点強化指定クラブについて

©Kindai University All Rights Reserved.このウェブサイトの内容の無断転載・複製を禁じます。