このページの本文へ移動します。

ニュースリリース

11/22(土)全国19会場で試験スタート!近畿大学平成27年度推薦入試(一般公募)

2014年11月19日

pic_141119-1.jpg

近畿大学(大阪府東大阪市)では、平成26年(2014年)11月22日(土)から「平成27年度推薦入試(一般公募)」が始まり、いよいよ本格的な入試シーズンに突入します。


【本件のポイント】

● 11月22日(土)から近畿大学の「平成27年度推薦入試(一般公募)」がスタート
● 推薦入試(一般公募)前半学部の志願者数は、昨年比118.7%の16,160人

【本件の概要】

本学の推薦入試(一般公募)では、13学部と短期大学部を前半と後半の2つのグループに分け、それぞれ2日間ずつ受験生が自由に試験日を選べる形で(両日も可)試験を行います。11月22日(土)・23日(日)に入学試験を行う前半学部(法・経営・建築・薬・医・生物理工・工学部)については、志願者数が昨年比118.7%の16,160人となっています。また、12月6日(土)・7日(日)に入学試験を行う後半学部(経済・理工・文芸・総合社会・農・産業理工・短期大学部)では、11月27日(木)まで出願を受け付けています。

【試験初日の取材対応について】

日  時:平成26年(2014年)11月22日(土) 10:40~10:50(試験開始前10分間)
場  所:近畿大学東大阪キャンパス 20号館1階 第1教室
      (東大阪市小若江3-4-1、近鉄大阪線長瀬駅から徒歩約10分)
備  考:(1)第1教室では約200人が受験します。試験科目は法学部の英語です。
      (2)撮影は試験開始前の「頭撮り」のみとし、撮影エリアを指定させていただきます。
      (3)受験者を特定できるような撮影はご遠慮ください。
      (4)ご質問には、取材終了後、試験会場外にて担当職員が対応いたします。

【近畿大学平成27年度推薦入試の概要】

■法・経営・建築・薬・医※・生物理工・工学部(前半学部)
試 験 日:平成26年(2014年)11月22日(土)・23日(日)(試験日自由選択)
      ※医学部は11月22日(土)のみ、合格者は12月7日(日)に二次試験あり
合格発表:平成26年(2014年)12月3日(水)
試験会場:全国19会場(大阪、大阪北、東京、金沢、名古屋、名張、京都、神戸、姫路、豊岡、和歌山、
新宮、岡山、広島、徳島、高松、松山、高知、福岡)

■経済・理工・文芸・総合社会・農・産業理工・短期大学部(後半学部)
試 験 日:平成26年(2014年)12月6日(土)・7日(日)(試験日自由選択)
合格発表:平成26年(2014年)12月17日(水)
試験会場:全国19会場(同上)

【「近大エコ出願」について】

本学は、平成25年度入試から、将来的な紙の願書の廃止を視野に置き、地球環境に優しく(エコロジー)、受験料の割引で受験生の経済的な負担も減らす(エコノミー)インターネット出願「近大エコ出願 」を開始しました。その結果、ネット出願件数は前年度の3,767件から82,030件まで大幅に増加(21.8倍)し、ネット出願率は全体で64.4%、後期入試では70.0%となりました。これを受けて、翌年には日本初の出願の完全インターネット化を宣言しました。 ICT化が遅れていた大学入試ですが、平成27年度入試では20校以上の大学が出願を完全インターネット化しています。

「近大エコ出願」による出願の完全インターネット化は、受験生の利便性を高めただけでなく、大学側の作業の合理化も可能にしました。データ処理がより早く正確になったことで、平成27年度入試から、受験生が結果通知書を受け取る前にインターネットで合否照会できるサービスを開始します。

これは、完全インターネット出願によって、本学の受験生全員がインターネットの利用環境にあることを前提にできるからこそ可能なサービスであり、受験生が不平等なく、一日でも早く合否を知ることで進路の選択肢を広げられるようにすることが目的です。

本学では、今後も作業の合理化によってできた時間や労力を受験生サービスにあて、完全インターネット出願ならではの利点を生かした受験生の利便性向上に取り組みます。

関連リンク
近大入試ガイド 
出願速報で前日までの出願状況をを確認!  
動画で学習!「近大必勝塾」  
 

©Kindai University All Rights Reserved.このウェブサイトの内容の無断転載・複製を禁じます。