このページの本文へ移動します。

ニュースリリース

10/8(水)近畿大学経営イノベーション研究所 倫理学の視点からソーシャルメディアを考える

2014年10月 1日

近畿大学経営イノベーション研究所(大阪府東大阪市)は、平成26年(2014年)10月8日(水)に、「第11回研究報告会」を開催します。今回は本学経営学部教授の中谷常二が「倫理学の視点からソーシャルメディアを考える」をテーマに、ソーシャルメディアの現状とその倫理的課題(学生の犯罪暴露発信等)について講演いたします。

【講演の内容】

1.技術哲学の視点からみたソーシャルメディア
2.リバタリアニズムとソーシャルメディア
3.未成年者のソーシャルメディアの利用について
4.ソーシャルメディアと企業の責任

【講演会の概要】

■日   時: 2014年10月8日(水)14:50~16:20
■会   場: 近畿大学東大阪キャンパス21号館8階 会議室
■対   象: 近畿大学教員・大学院生・学生・一般の方
■定   員: 40人、申込先着順(入場無料)
■申込方法: 氏名、年齢、参加希望人数を明記の上、E-mailでお申込み下さい
■お問合せ・申込先: 経営イノベーション研究所
              TEL (06)4307-3046  E-mail icmi@bus.kindai.ac.jp

【プロフィール】

pic_141001nakaya.jpg

中谷 常二(なかや じょうじ)
所  属:経営学部 キャリア・マネジメント学科 教授 博士(国際公共政策)
専  門:ビジネス倫理、公務員倫理、ソーシャルメディアの倫理など
所属学会:日本経営倫理学会、日本経営学会、組織学会、日本情報経営学会など

【経営イノベーション研究所】

日本の経営学の発展に寄与するため、国内外の学界と連携し、経営イノベーションに関する調査と研究を行っています。また、研究成果を継続的に世界へ発信するとともに、世界的に権威のある研究者たちが日本企業の経営手法について論じた英文の経営誌「Kindai Management Review」を発行しています。

©Kindai University All Rights Reserved.このウェブサイトの内容の無断転載・複製を禁じます。