このページの本文へ移動します。

ニュースリリース

近畿大学工業高等専門学校「小島プレス工業株式会社寄贈 射出成型機 起動式典」

2014年5月 7日

近畿大学工業高等専門学校 (三重県名張市:村田圭治校長)は平成26年5月9日(金)、近大高専内にて、「小島プレス工業株式会社*1寄贈 射出成型機*2起動式典」を執り行います。

【本件ポイント】
・小島プレス工業株式会社が約900万円相当の射出成型機を寄贈
・産業界に必要な即戦力となるべき射出成型機を扱える高専生を育成
・射出成型機使用に際しての産学連携、企業相談が対応可能に
・関係機関に働きかけることにより、将来的に本校で一般の方も技能検定試験が受験可能に

【本件背景】
高専制度は、産業界からの要請で即戦力となる人材育成のために設立されましたが、最近の高専では、大学に3年次編入学の卒業生が増えつつあるとともに、就職する学生が少なくなっています。こうした現状を小島プレス工業㈱の小島洋一郎社長が憂い、その思いが本校神野稔前校長(現顧問)と一致したところから、今回の射出成型機の寄贈に至りました。

  • *1 小島プレス工業(株):トヨタ自動車(株)の関連会社として自動車部品を生産、金属プレス部品から、樹脂製部品と幅広く製品を扱っています。資本金4億5千万円、従業員1625人
  • *2 射出成型機:樹脂製品を生産する機械
「小島プレス工業株式会社寄贈 射出成型機起動式典」
■射出成型機 : 東芝機械製EC75SX-2A(75トンクラス)ほか備品、訓練用金型、冷温調機、乾燥機等を含む(総額 約900万円相当)
■出席者 :
(1) 小島プレス工業(株) 8人
  取締役社長:小島洋一郎、取締役:筏津謙二ほか
(2) 名張市代表 2人
  名張商工会議所会頭川口佳秀、名張市副市長前田國男(市長代理)
(3)近畿大学工業高等専門学校 教職員14人、学生30人
  校長:村田圭治、顧問:神野稔、校長補佐:奥田昇也、総合システム工学科長・機械コース長:武馬修一ほか、学生:機械システムコース5年生
■日 時 : 平成26年5月9日(金) 11:00~12:00
■場 所 : 近畿大学工業高等専門学校 4号館 工作・実験場
        〒518-0459 三重県名張市春日丘7番町1番地
■問い合わせ : 近畿大学工業高等専門学校 事務部 TEL(0595)41-0111

©Kindai University All Rights Reserved.このウェブサイトの内容の無断転載・複製を禁じます。