このページの本文へ移動します。

ニュースリリース

ご来店者数が10万人を突破!「近大卒の魚と紀州の恵み 近畿大学水産研究所」 2/9(日)に記念セレモニーを開催しました

2014年2月 9日

近畿大学(大阪府東大阪市)がグランフロント大阪に出店している養殖魚専門料理店「近大卒の魚と紀州の恵み 近畿大学水産研究所」は、本日、平成26年(2014年)2月9日(日)をもってご来店者が10万人を突破しました。連日多数のお客様にご来店いただき、当初の見込みよりも4カ月も早い、9カ月14日での目標達成となりました。

10万人のお客様である大阪市在住のご家族に、アテネオリンピック200mバタフライ銀メダリストで近畿大学水上競技部監督の山本貴司から、記念の賞品として「近大キャビア」と「近大本クエ鍋セット」をプレゼントしました。また、本日から2月15日(土)まで、ご来店くださったお客様に「生ビールもしくはわかやまポンチ」のサービス券をプレゼントいたします。

「近大卒の魚と紀州の恵み 近畿大学水産研究所」は、昨年4月26日(金)にオープン以来、一日平均来客数約350人と、想定を大きく上回る方々に「近大マグロ」をはじめとした本学の研究成果を味わっていただいております。店舗を経営する株式会社アーマリン近大代表取締役社長 逵浩康はこの状況に「ご好評を頂いており、心から感謝申し上げます。引き続き、近大マグロのように止まることなく進み続け、皆さまにご満足いただけるよう近大ならではのおもてなしを提供いたします。」とコメントしています。

近畿大学、水産研究所では『安心・安全、そして美味しい養殖魚』を直接消費者の方に提供し、その魅力を伝えることで、『養殖魚』のさらなる価値向上を図るという初心を忘れることなく、研究成果を社会に還元していきます。

【店舗概要】

pic_140209-2.jpg

名  称:「近大卒の魚と紀州の恵み 近畿大学水産研究所」
所 在 地:グランフロント大阪北館 ナレッジキャピタル6階
(住所:大阪市北区大深町3-1)
店舗面積:218.87㎡(66.20坪) 93席
経  営:株式会社アーマリン近大
企画・コーディネイト:サントリービア&スピリッツ株式会社
店舗設計・商品企画:株式会社ミュープランニング&オペレーターズ
店舗運営:株式会社ダイナック
営業時間:ラ ン チ 11:00~(ラストオーダー14:00)
ディナー 17:00~23:00(ラストオーダー22:00) ※休店日は施設に準じます
電話番号:(06)6485-7103
店舗URL:http://kindaifish.com

【日本の大学では初めての試み】

pic_140209-3.jpg

「近大卒の魚と紀州の恵み 近畿大学水産研究所 銀座店」では、近畿大学水産研究所が育てた安心・安全、そして美味しい養殖魚を中心とした魚料理を提供します。さらに、魚類以外の食材でも、水産研究所が所在する和歌山県の協力を仰ぎ、和歌山県産の食材にこだわることも大きな特徴です。同じ和歌山で育った食材と近大産の魚類との相性の良いコラボレーションメニューをお楽しみいただけます。

運営等については、飲食ビジネスに精通したサントリーグループがパートナーとしてトータルサポートします。大学が研究の成果として自ら生産したものを、産官学が連携して専門料理店で消費者に直接提供するケースは、大阪の1号店が日本で初めての試みです。

【教育、研究の場としての役割】

研究成果を料理として提供するだけでなく、消費者からの味・価格等の評価を研究現場にフィードバックし、更に安心・安全、そして美味しい養殖魚の育成に生かします。

また店舗では、文芸学部芸術学科造形芸術専攻の学生が制作した食器の使用、農学部食品栄養学科の学生によるメニュー考案など、近畿大学の学生が日頃の研究成果を生かして参画しています。今後も、インターンシップなどを通じて、順次、他学部へも実学の場として広げていきたいと考えています。

関連リンク
近畿大学水産研究所 
株式会社アーマリン近大 
養殖魚の専門料理店「近大卒の魚と紀州の恵み 近畿大学水産研究所」 

©Kindai University All Rights Reserved.このウェブサイトの内容の無断転載・複製を禁じます。