このページの本文へ移動します。

イベント

【公開講座】9/28(土) 「老化の制御 ~健康寿命と生活習慣を考える~」 「日本を救う芋エネルギー」 (四日市市:生物理工学部主催)

2013年9月24日

近畿大学生物理工学部(和歌山県紀の川市、学部長:細井美彦)は、四日市市、三重県、和歌山県各教育委員会のご後援のもと、平成25年(2013年)9月28日(土)、三重県の四日市都ホテルにて、「平成25年度第12回 近畿大学生物理工学部公開講座(BOST Science Café in Yokkaichi)」を開催します。今回は「老化の制御 ~健康寿命と生活習慣を考える~」、「日本を救う芋エネルギー」の2講座を開催します。

1.『老化の制御』・・・老化とは心身の硬化であり、しなやかさが失われることでもあります。「なぜ老化するのか」、「身体の中でどのような変化が生じるか」を解説するとともに、メタボの主要な因子である「高血圧や糖尿病あるいは肥満がなぜ有害なのか、それを防ぐにはどのようにすればよいか」を、ラットを用いた実験結果と対比しながら解説します。

2.『日本を救う芋エネルギー』・・・芋を国内で空間大量栽培すれば、日本の年間消費エネルギー2000万TJを毎年供給することが可能であり、原子力と化石燃料を全量代替する国産エネルギーとして有望です。実用化に近づいてきた芋エネルギーの研究について解説します。

生物理工学部は、『人間』『医療』『食』『生活』『環境』『福祉』をテーマとし、理学・農学・工学・医学を融合させた先進的で多彩な教育と研究を行っています。ここで得られた成果を広く一般の方々にご理解いただきたく、平成11年度(1999年度)から公開講座の形で発信を始めました。入場無料ですので、ぜひご参加ください。

平成25年度第12回 近畿大学 生物理工学部 公開講座 (BOST Science Café in Yokkaichi)
『老化の制御 ~健康寿命と生活習慣を考える~』
  講師:近畿大学生物理工学部 医用工学科 教授 伊藤 浩行
『日本を救う芋エネルギー ~燃料用芋の空間大量栽培技術とバイオガス発電システムの開発~』
  講師:近畿大学生物理工学部 生物工学科 教授 鈴木 高広
■日   時 : 平成25年(2013年)9月28日(土) 12:30開場 13:00開講
■場   所 : 四日市都ホテル(鈴鹿の間)
         三重県四日市市安島1丁目3−38 (近鉄四日市駅北口より徒歩約3分)
■料   金 : 入場無料(定員150人、申込先着順)
■申込方法 : 講座開催日、住所、氏名、電話・ファクス番号、メールアドレスを明記し、
         生物理工学部公開講座係まで、
         (1)ファクス((0736)77-6336)
         (2)電子メール(bost-kou@waka.kindai.ac.jp)
         (3)郵送(〒649-6493 和歌山県紀の川市西三谷930)のいずれかで送付。
■お問合せ : 近畿大学生物理工学部 公開講座係 TEL:(0736)77-3888
関連リンク
・2013年度公開講座一覧

©Kindai University All Rights Reserved.このウェブサイトの内容の無断転載・複製を禁じます。