このページの本文へ移動します。

ニュースリリース

10/2(水) 附属小学校6年生児童が近畿大学医学部奈良病院を見学

2013年9月30日

pic_130929-2.jpg

近畿大学附属小学校 (奈良県奈良市)は、平成25年(2013年)10月2日(水)に6年生児童を対象に、理科の授業とも連携させ医療の現場を感じとってもらうため、「近畿大学医学部奈良病院見学」を実施します。

近畿大学附属小学校では、「小学校から大学で学ぼう」のキャッチフレーズのもと、総合大学である近畿大学の附属校としてのメリットを存分に生かした体験学習の機会を数多く提供しており、本企画は毎年6年生児童を対象に実施しています。

今回、6年生の理科の『人の体のつくりと働き』と連携し、普段見ることができない医療機器に触れたり、医療の現場で働く人の話を聞いたりすることで『命の尊さ』を学ぶ機会にしたいと考えています。毎年参加した児童からは、「授業で学んだことを実際に見ることができイメージがわいた」という感想が多く、医学や薬学の分野への進学を希望する児童への将来に向けて大いに刺激を与える機会にもなっています。

近畿大学附属小学校 「近畿大学医学部奈良病院見学」 概要
■ 日 時:平成25年(2013年)10月2日(水)12:30~15:00
■ 場 所:近畿大学医学部奈良病院 (生駒市乙田町1248-1 近鉄生駒線「東山」駅下車徒歩約10分)
■ 参加者:近畿大学附属小学校6年生児童 116人
■ ねらい:本物の医療機器に触れることで、児童の知的好奇心や学習への意識を向上させる
■ 内 容:エコー実習、医療施設及び機器見学など
関連リンク
近畿大学医学部奈良病院 

©Kindai University All Rights Reserved.このウェブサイトの内容の無断転載・複製を禁じます。