このページの本文へ移動します。

ニュースリリース

工学部 産業分野におけるグローバル人材育成講座(全5回)

2013年6月14日

近畿大学工学部(広島県東広島市高屋うめの辺、学部長:京極秀樹)では、グローバルに活躍できる人材を育成することを目的に、広島大学と連携し、学生及び社会人を対象にした新たな教育プログラムを実施します。

国内、国外に限らず、ものづくりの分野で幅広く展開する企業において、グローバル戦略の立案やプロジェクトのマネジメント等を担う経営者や幹部をめざす社会人・学生に対し、基本的な知識・資質を身につけさせます。

これは、県内社会人の公募参加者15人と同学部学生の計約40人を対象に、広島県内外の大学研究者や企業幹部が講師となり、主に「ものづくり」に関連する産業分野で今後、グローバルなビジネス展開を目指すためのスキルや知識を身につけてもらうことを目的としています。

週1回の講義では、近畿大学のほか一橋大学、広島大学などの研究者、人材育成事業を行う(株)パソナや、海外展開を行っている地元企業(株)サタケ、マツダ(株)、西川ゴム工業(株)の、現場を知る担当社員が講師を務め、グローバル経営戦略や人事、現地での組織運営のノウハウなどを学ぶことができます。また、受講者によるディスカッションやプレゼンテーションも盛り込まれ、インタラクティブな内容となっているのが特徴です。

 

pic_130622.gif

©Kindai University All Rights Reserved.このウェブサイトの内容の無断転載・複製を禁じます。