教育・カリキュラム

社会・マスメディア系専攻

急速な発達を遂げた21世紀社会の新たな問題に挑む 現代を多角的にとらえ、社会の仕組みを知り、行動について考える「現代社会コース」

現代世界には、少子高齢化、過疎化とコミュニティの崩壊、国際化と移民問題、公害と環境問題、ネット社会化の進展など、じつにさまざまな問題が横たわっています。そうした現代という時代を、「現代社会」をキーワードに、より多面的・多角的にとらえていく。その見方が多様であればあるほど、深く考える力が身につきます。そこで獲得される知識は、社会を変え、創っていくための力の源泉です。
現代社会コースでは、そうした力を育むために、私たちの身の周りにある諸問題について多様な視点からアプローチ。その中で、人が創り出したさまざまな仕組み=「社会」について深く知るとともに、インターンシップなどの取り組みを通じて、実践的な学びの形を追求していきます。

新聞やテレビ、多様なメディアと向き合い、表現力を磨く「マスメディアコース」。

「新ネット社会」が到来している21世紀においても、文字と映像で世の中の出来事、心の思いを伝えていくのは不変です。マスメディアコースでは、第一線の経験豊かな記者やプロデューサー、広告・出版のプロフェッショナルの指導のもと、新聞・テレビ・広告・出版・通信社、そしてインターネットなど、さまざまな表現の世界の歩みと今を学びます。多様なマスメディア業界に進出する学生を育てることを目標に、「日本語文章力養成」「時事総論」といった基礎的な講義のほか、「映像制作演習」「芸術メディア論」などユニークな講義を開講。日本や世界で起きていることを見つめるとともに、自分の考えを日本語で正確に書き、伝えるコミュニケーション能力を培います。

ページトップへ