教育・カリキュラム

環境・まちづくり系専攻

現代社会を取り巻く環境と社会とのかかわりを研究する。 持続可能な環境づくり・地域づくりを総合的に学習する。

環境・まちづくり系専攻は、具体的なまちや地域を対象に、持続可能な社会づくり・環境づくりのための知識や技術を学習します。地理学、環境情報学、都市・地域計画学、環境政策学を援用しながら、具体的な地域を対象として、文化や産業・社会・環境といった地域特性を調査・分析、環境に配慮し、元気が持続する地域づくりに生かしていきます。また、都市・地域計画学や環境政策学の知識を活用しながら、持続可能なまちづくり・環境づくりを推進するための計画・政策をつくる能力を養います。講義科目だけでなく、演習やゼミナール、卒業研究などを通して実践力を身につけます。

環境づくり・まちづくりを企画・実施するための実践力を身につける。

よりよいまちづくり・環境づくりには、まず、地域にある課題を抽出、明確化するための「発見力」が必要です。また、社会状況や地域特性を客観的に捉えるための「情報収集力」「分析力」が求められます。さらに、地域特性を生かし、創造的なまちづくり・環境づくりを行うためには「企画力」「創造力」が重要です。こうした企画をアピールするには「プレゼンテーション能力」も必要となります。環境・まちづくり系専攻では、地域調査士( 上級)や環境マネジメント実務士、GIS学術士、社会調査士、測量士補などの資格取得も視野に入れながら、実践力養成のためのプログラムを用意しています。を身につける。

ページトップへ