このページの本文へ移動します。

KINDAI UNIVERSITY

  • 近畿大学ホーム
  • 学部・大学院一覧

研究

新しい円偏光発光(CPL)OFF-ONシステムの構築に成功

「太陽光利用促進のためのエネルギーベストミックス研究拠点の形成」(代表:理工学部応用化学科教授 藤原 尚)プロジェクトにおいて、総合理工学研究科物質系工学専攻今井研究室 佐藤琢哉君と応用化学科須藤篤教授等の研究グループ(応用化学科研究クラスター「キラリティー材料と円偏光発光(CPL)とのベストミックスフィールドの創出」)は、光学活性ビナフチル化合物による新しい円偏光発光(CPL)OFF-ONシステムの構築に成功し、研究成果がElsevierのTetrahedronLetters誌に掲載されました。

論文名:Turn-on circularly polarized luminescent (CPL) molecular system realized by thermo-driven Newman-Kwart rearrangement reaction from CPL-silent O- to CPL-active S-thiocarbamate groups at peripheral position of 1,1'-binapthyl rings

このページの先頭へ

MENU閉じる
      訪問者別