このページの本文へ移動します。

KINDAI UNIVERSITY

  • 近畿大学ホーム
  • 学部・大学院一覧
  • トップページ
  • 研究
  • 水と有機溶媒両方に溶ける CPL発光体を開発 セキュリティー認証や虫除けなど、特殊な薬品・化粧品開発に期待

研究

水と有機溶媒両方に溶ける CPL発光体を開発 セキュリティー認証や虫除けなど、特殊な薬品・化粧品開発に期待

近畿大学理工学部(大阪府東大阪市)応用化学科の准教授 今井喜胤(いまいよしたね)らの研究グループは、映画館などで3D立体映像を映し出す際に使われる、「円偏光」を発するCPL※1 発光体を開発しました。この発光体は、水および有機溶媒の全く異なる2種類の溶液中に溶解する「両親媒性」という特徴を持っています。このたび、本件に関する論文が、エルゼビアが発刊する有機化学分野の週刊誌『Tetrahedron』に平成29年(2017年)10月31日(火)に掲載されます。 ※1 CPL...Circular Polarized Luminescenc 円偏光発光

※ くわしくはこちらをご確認ください。

このページの先頭へ

MENU閉じる
      訪問者別