このページの本文へ移動します。

KINDAI UNIVERSITY

  • 近畿大学ホーム
  • 学部・大学院一覧
  • トップページ
  • 研究
  • 初期宇宙の成り立ちに係わるゲージ理論を量子シミュレーションで解明へ 初期宇宙で起きた現象を再現し、直接観測することをめざす

研究

初期宇宙の成り立ちに係わるゲージ理論を量子シミュレーションで解明へ 初期宇宙で起きた現象を再現し、直接観測することをめざす

近畿大学理工学部(大阪府東大阪市)理学科物理学コース准教授の笠松健一(かさまつけんいち)、同コース教授の松居哲生(まついてつお)らの研究グループは、初期宇宙の成り立ちに係わるゲージ理論※1 を解明するため、それをモデル化したゲージヒッグス模型を模擬実験(量子シミュレーション※2)する方法を世界で初めて提案しました。本件に関する論文が、平成29年(2017年)5月18日(木)、アメリカ物理学会の発行する学術雑誌"PHYSICAL REVIEW D"に掲載されました。

※ くわしくはこちらをご確認ください。

このページの先頭へ

MENU閉じる
      訪問者別