このページの本文へ移動します。

KINDAI UNIVERSITY

  • 近畿大学ホーム
  • 学部・大学院一覧

研究

一覧

2017年6月20日研究
小型ブイを用いた外洋での大気乱流観測を実現~気候の予測の精度向上に期待
2017年6月12日研究
世界初!光暗号通信に応用可能な、円偏光発光(CPL)の回転方向と色をスイッチングできる色素を開発
2017年6月 3日研究
アミノ酸をベースにした円偏光発光(CPL)発光体を開発
2017年5月19日研究
初期宇宙の成り立ちに係わるゲージ理論を量子シミュレーションで解明へ 初期宇宙で起きた現象を再現し、直接観測することをめざす
2017年5月 9日研究
5/5(金)「日刊工業新聞」 「円偏光」の発光体 希少金属用い開発
2017年4月26日研究
レアアースをベースにしたCPL発光体を開発 3D表示用有機ELディスプレイなどの製造コスト削減に期待
2017年3月14日研究
多彩な色を作り出せる色素を開発-抗菌作用などの機能を持つ染料の低コスト化に期待
2017年3月13日研究
応用化学科 今井喜胤准教授による解説記事「光学活性有機発光体の固体円偏光発光(CPL)特性」が材料情報誌「機能材料」3月号に掲載されました。
2017年2月10日研究
世界初!アルマ望遠鏡で暗黒矮小銀河の光をとらえる 謎に包まれた暗黒矮小銀河の正体解明への第一歩
2017年1月18日研究
「Kinect(キネクト)」を用いたドラム練習支援システムを開発 演奏時の熟練者と練習者の動作を比較し、正しい動きをレクチャー
2016年12月22日研究
新化学技術推進協会が主催する第3回学産ポスターセッション「エレクトロニクスの未来を支える新規素材・技術・プロセス」にて、企業向け研究発表
2016年12月22日研究
近畿大学院生サミット2016にて円偏光発光(CPL)特性に関する研究を発表
2016年12月19日研究
材料技術研究協会討論会にて論文賞受賞講演が行われました。(応用化学科 岩崎光伸教授)
2016年12月 7日研究
情報学科の笹野博教授,守屋宣講師らの研究グループの研究成果が,IEICE(電子情報通信学会)の論文誌に掲載されました。
2016年11月 9日研究
「太陽光利用促進のためのエネルギーベストミックス研究拠点の形成」プロジェクト クリプトキラル様特性を有するビナフチルーピレン有機発光体の開発に成功し、その円偏光発光(CPL)に成功
2016年10月26日研究
「太陽光利用促進のためのエネルギーベストミックス研究拠点の形成」プロジェクト 最もシンプルな光学活性ビナフチル有機発光体の非古典的円偏光発光(CPL)特性制御に成功!!
2016年9月14日研究
理工学部機械工学科 荒井規允講師らの研究グループの研究成果が、ACS(アメリカ化学会)のACS Nano誌に掲載されました
2016年8月30日研究
重イオン反応による新たな核分裂核データ取得方法を確立 ―核分裂現象の解明にも道―
2016年8月26日研究
アルミニウム化合物による常温・常圧での水素分子活性化反応を発見 安価で豊富な元素を用いた水素化反応触媒や水素貯蔵材料の開発に期待
2016年4月25日研究
円偏光発光(CPL)特性を有するBINAP-Euハイブリッド発光体の開発に成功!!

年別 研究

このページの先頭へ

MENU閉じる
      訪問者別