このページの本文へ移動します。

KINDAI UNIVERSITY

  • 近畿大学ホーム
  • 学部・大学院一覧
  • トップページ
  • ピックアップ
  • 【最先端研究】軽量化の切り札"CFRP"のポテンシャルアップを目指して~金型と成形の複合化技術で、量産・再利用に挑む~ 機械工学科 西籔和明教授

ピックアップ

【最先端研究】軽量化の切り札"CFRP"のポテンシャルアップを目指して~金型と成形の複合化技術で、量産・再利用に挑む~ 機械工学科 西籔和明教授

  • 2017年5月11日

近畿大学理工学部のトップランナー 西籔教授は「機械加工学」の専門家で、「カーボンコンポジットの熱成形加工と高度リサイクル技術に関する研究」等をテーマにこれまで研究を進めてこられました。 軽量化の切り札"CFRP"のポテンシャルアップ、いま注目の最先端研究の内容をご紹介します。

西籔教授の最先端研究についてはこちら

関連リンク

このページの先頭へ

MENU閉じる
      訪問者別