KINKI UNIVERSITY

Topics

Top Page > Topics > 光アンテナ機能を持つ有機ー無機ハイブリッドナノチューブの開発に成功

光アンテナ機能を持つ有機ー無機ハイブリッドナノチューブの開発に成功2015.4.23

 太陽電池等の光・電子機能デバイス開発の重要な材料として注目されているポリチオフェンとフラーレンC60を含むポリマーナノチューブの合成、更には、このポリマーナノチューブに光アンテナ機能を持つ金ナノ粒子を複合したプラズモニックハイブリッドナノチューブの合成に初めて成功した。このハイブリッドナノチューブは、金属ナノ粒子の表面プラズモン共鳴により蛍光増強や表面増強ラマン散乱(SERS)が観測される。現在、有機-無機ハイブリッドナノチューブを用いた光エネルギー変換と光物質変換について研究を行っている。

fluorescence-sers.jpg

論文名:Plasmonic hybrid nanotubes of fullerene C60-polythiophene-silver or gold nanoparticles: fabrication and enhancement of the Raman scattering.

PAGE TOP