KINKI UNIVERSITY

Topics

Top Page > Topics > 新しい光学活性超分子ホストーゲスト錯体の開発に成功

新しい光学活性超分子ホストーゲスト錯体の開発に成功2015.4.20

「太陽光利用促進のためのエネルギーベストミックス研究拠点の形成」(代表:理工学部応用化学科教授 藤原 尚)プロジェクトにおいて、総合理工学研究科 若林卓志、北村沙也香、今井喜胤等の研究グループは、複素環系カルボン酸分子と光学活性アミノエタノールを弱い相互作用で自己集合させることにより、分子吸脱着特性を備えた新しい光学活性超分子ホストーゲスト錯体の開発に成功しました。その成果は、RSC(Royal Society of Chemistry/英国王立化学会)のCrystEngComm誌のHOT Articles に選ばれ、Cover Pictureとしても採用されました。

03.jpg

論文タイトル:Tunability of Guest Release Properties and Crystal Structures in a Supramolecular Benzothiophene Heterocyclic Host Complex

関連リンク

CrystEngComm
今井研究室/有機構造化学研究室

PAGE TOP