このページの本文へ移動します。

KINDAI UNIVERSITY

  • 近畿大学ホーム
  • 学部・大学院一覧

大学院教育の特色

理学、工学の先端的基礎研究から産業、バイオサイエンス、環境分野、モノづくりの応用研究まで幅広く社会に寄与する研究活動を行っています。

総合理工学研究科は理学専攻、物質系工学専攻、メカニックス系工学専攻、エレクトロニクス系工学専攻、環境系工学専攻、建築デザイン専攻、東大阪モノづくり専攻の7専攻から構成され、幅広い研究領減をカバーしていることが本研究科の特色です。
優れた研究成果に基づく先進的教育を通じて、知の創造と産業の発展と福祉に貢献することを理念とします。
また、次世代のバイオマス燃料として注目されるバイオコークスの研究開発、太陽光利用促進のためのエネルギーベストミックス研究など、基礎から応用面にわたって高度な専門的研究を行っています。

独創性あふれる7つの専攻による高度専門職業人の育成。
国内外との共同研究、民・官との連携により、最先端分野の研究に挑みます。

学際的研究-幅広い視野と柔軟な思考能力の養成-

教員や仲間と一緒に試行錯誤しながら、さまざまな課題の解決に取り組んでいきます。早い時期から実験・ 実習の進め方や考え方などを学び、専門研究の準備を整えます。

豊富な競争的研究資金のもと理想的な研究環境

大学院総合理工学研究科には、ネイチャー論文など世界的な研究業績をもつ人材や、国家規模のプロジェクトにかかわる人材など、多彩な研究者が揃っています。2013年度は研究科全体で科学研究費補助金71件、その他の外部資金として、戦略的創造研究推進事業(CREST)1件、同(さきがけ)2件、同(先導的物質変換領域)1件、戦略的研究基盤形成支援事業(地域に根ざした研究「金型プロジェクト」)1件、化学物質リスク研究事業1件が採択されるなど、先端的研究成果に触れる理想的な環境の下、マンツーマンに近い体制で直接指導を行い、独創的で国際的視野をもつ人材を育成します。

開かれた大学院 − 地域・産官学連携
近畿大学大学院理系6研究科の協力

「実学教育」を建学の精神として掲げる本学にあって、総合理工学研究科は2012年度民間企業からの受託研究総数が40件に及びます。研究設備を地元産業界や自治体との共同研究に開放するほか、産官学技術交流会、研究成果公開発表会の開催など、積極的な研究交流活動を行っています。2008年には「東大阪モノづくりイノベーションプログラム」として文部科学省の大学院教育改革支援プログラム(大学院GP)に採択されました。2009年、2013年にはキャンパスをまたがる理系6研究科の大学院生が集う「院生サミット」を企画・開催し学内交流も深めています。

このページの先頭へ

MENU閉じる
      訪問者別