このページの本文へ移動します。

KINDAI UNIVERSITY

  • 近畿大学ホーム
  • 学部・大学院一覧

教員・研究紹介(専攻別)

東大阪モノづくり専攻専攻別から探す

東大阪モノづくり専攻の教員及び研究室について紹介します。

  • ※研究室は、2016年度のものです。2017年度は変更になる場合があります。
ロボティクス研究室

いおい きよし
五百井 清 教授

ロボット工学、メカトロニクス、運動と振動の制御
新型ロボットや知能化機械の研究を行っています。様々な足踏みを行うロボットや壁面を移動するロボット、飛行ロボット等を研究しています。加えて、実用的な小型点字装置や超低振動車輪の研究も行っています。
詳細を見る
無機材料化学研究室

いわさき みつのぶ
岩崎 光伸 教授

無機材料化学
骨折患者が少しでも快適に過ごせる人工骨、がん細胞を一つひとつ検出できるマーカー、見る角度により色彩が変わる色材などを、地球環境にやさしい方法を駆使して作っています。
詳細を見る
表面設計化学研究室

こみなみ ひろし
古南 博 教授

物理化学、触媒化学
触媒は化学反応における司令塔。資源を有効に利用し、自然エネルギーや廃棄物を活用できるインテリジェント触媒を開発し、エネルギー変換や環境浄化など地球にやさしい化学反応を研究しています。
詳細を見る
レーザー工学研究室

なかの ひとし
中野 人志 教授

レーザー工学
新型レーザーの開発やレーザー光線を使った新しい機能性材料の開発、パワー半導体を使った電気エネルギーの効率的な供給など、レーザーおよび電気エネルギー制御に関する研究に取り組んでいます。
詳細を見る
創製加工学研究室

にしやぶ かずあき
西籔 和明 教授

機械加工学、複合材料製造学、マイクロナノ加工学
航空機や自動車などの製品に用いられている部品を、高性能・高機能・環境適合化しようとするとき、先進的な材料をいかに有効に利用するか? 「ものづくり」の根幹である加工法について研究しています。
詳細を見る
レーザー応用工学研究室

はししん ゆういち
橋新 裕一 教授

レーザー応用工学 レーザー安全
研究室には多種多様なレーザー装置や分析・観察装置があります。レーザーで木材や骨、肉を切る実験を行っています。レーザーの医学・医療分野および産業分野への応用について、研究・開発を進めています。
詳細を見る
精密機械工学研究室

はらだ たかし
原田 孝 教授

パラレルメカニズム、精密機械、機械運動学、機構学
環境が変化してもヒットを打ち続けるイチロー選手は、まさしく野球界の精密機械。動作する環境や状況が変わっても確実に仕事をこなす、イチロー選手のような機械をめざして研究を行っています。
詳細を見る
分散処理ソフトウエア研究室

ひぐち まさひろ
樋口 昌宏 教授

形式的手法、ソフトウェア工学
ソフトウエアの信頼性を保証するためには、開発段階での検証や試験が非常に重要です。ネットワーク上で動作する分散処理ソフトウエアを対象に、検証あるいは試験の効率化などに関する研究を進めています。
詳細を見る
 

ぶんのう てるゆき
文能 照之 教授

中小企業論、ベンチャービジネス論
私達の生活の利便性を高める画期的な新製品・新サービスの創出に関する研究を、中小・ベンチャー企業の視点から行っています。
詳細を見る
環境生物学研究室

みなみ たけし
南 武志 教授

衛生化学、分析化学
ワクチンの保存剤として使用されているエチル水銀化合物のチメロサールが、胎児の中枢神経系でどのように働いているか、メタロチオネインというタンパク質の発現との関係を中心に調べています。
詳細を見る
材料プロセス工学研究室

まつたに たかおみ
松谷 貴臣 准教授

材料科学、材料プロセス工学、計測工学
新しい電子部品となる新材料の開発や、その材料を簡単に作製するための技術を開発しています。また、それら新材料を利用し、大気分析や触媒反応の観察など新しい分析技術の開発も行っています
詳細を見る
CAE解析設計研究室

はしもと ともひさ
橋本 知久 講師

計算流体力学、流体工学、コンピュータ援用工学
計算流体力学と呼ばれる流れのコンピュータシミュレーションに関する研究を行い、プラスチック射出成形における樹脂の流れや金型冷却に係る熱流動現象を解析するソフトウェアを開発しています。
詳細を見る
 

あさの まさや
浅野 昌也 客員教授

技術経営、化学産業論、有機電子材料
詳細を見る
 

きよはら よしひろ
清原 義博 客員教授

知的財産学
詳細を見る

このページの先頭へ

MENU閉じる
      訪問者別