このページの本文へ移動します。

KINDAI UNIVERSITY

  • 近畿大学ホーム
  • 学部・大学院一覧

教員・研究紹介(学科別)

理学科 化学コース学科別から探す

理学科 化学コースの教員及び研究室について紹介します。

  • ※研究室は、2016年度のものです。2017年度は変更になる場合があります。
有機電子化学研究室

かしむら しげのり
柏村 成史 教授

有機合成化学
環境に優しい電極反応を用いて、有機分子の酸化・還元を行うことで活性な有機化学種を発生させ、これを利用した新しい有機反応の開発に挑戦しています。
詳細を見る
物理化学研究室

かみやま ただし
神山 匡 教授

生物物理化学、溶液化学
様々な条件下(温度・圧力・溶媒・添加物など)におけるタンパク質の性質を解明することで、タンパク質の言わば“設計図”や“取扱説明書”を明らかにする研究を行っています。
詳細を見る
錯体化学研究室

くろだ たかよし
黒田 孝義 教授

錯体化学
単一分子磁石に代表されるナノサイズの分子性量子磁石の研究。また、スイッチング素子や太陽電池の半導体材料として期待される、種々の機能性金属錯体の研究も行っています。
詳細を見る
生物化学研究室

さが よしたか
佐賀 佳央 教授

光生命科学
光合成など、光がかかわる生命現象のメカニズムを分子レベルで解明します。生命化学の進歩に貢献するとともに、エネルギー・環境問題を解決するナノマテリアル開発への応用も期待されています。
詳細を見る
高分子科学研究室

すえなが ゆうさく
末永 勇作 教授

錯体化学、高分子合成
合成繊維や樹脂、ゴムなどに用いられる高分子。粒子径が均一に揃った高分子微粒子表面を化学修飾することによって様々な性質を実現できる「機能性高分子微粒子」の合成研究を行っています。
詳細を見る
地球化学研究室

なかぐち ゆずる
中口 譲 教授

生物地球化学
地球上にはさまざまな物質が存在するが、その中でも生物に必須な元素の地球上における循環メカニズムの解明を行う。
詳細を見る
合成有機化学研究室

やまぐち よしひろ
山口 仁宏 教授

合成有機化学、機能性分子化学
有機ELの材料になり得る有機発光体の合成をはじめ、有機トランジスタや有機太陽電池などへの応用も含めた広い視野に立って、さまざまな機能をもつ有機化合物の合成研究を行っています。
詳細を見る
構造物理化学研究室

わかばやし ともなり
若林 知成 教授

物理化学、ナノ構造化学
レーザーの光を使うと物質を瞬時に数千度以上の高温に加熱でき、普段は見られない分子を作り出すことができます。その光吸収や光散乱、蛍光などユニークな物性を調べます。
詳細を見る
錯体化学研究室

おおくぼ たかし
大久保 貴志 准教授

錯体化学、物性化学、有機光電子デバイス
無機・有機複合体である金属錯体は、その特異な構造と電子状態に起因するユニークな物性の発現が期待されます。本研究ではポリマー構造を有する金属錯体を新たに合成し、その構造や電子状態、電気伝導性を明らかにしたうえで、太陽電池などの有機光電子デバイスへと応用しています。
詳細を見る
分光物性化学研究室

もりさわ ゆうすけ
森澤 勇介 准教授

物理化学、分光分析化学、分子分光学
分光学の基礎研究を基に、光物性の研究を行います。物質と光の相互作用から、物質の性質や量といった情報を引き出すため、分子からのメッセージであるスペクトルを観測し、解析法を開発します
詳細を見る
有機化学研究室

やまぎわ よしろう
山際 由朗 准教授

有機化学、生物活性天然物、全合成
HIV(エイズウイルス)やインフルエンザウイルスの感染・増殖を阻害する化合物や、老化やがんなどに関連して注目されているラジカル(活性酸素など)を分解する化合物の合成方法を開発しています。
詳細を見る
有機電子化学研究室

まつもと こういち
松本 浩一 講師

有機合成化学
環境に優しい電極反応を用いて、有機分子の酸化・還元を行うことで活性な有機化学種を発生させ、これを利用した新しい有機反応の開発に挑戦しています。
詳細を見る

このページの先頭へ

MENU閉じる
      訪問者別