このページの本文へ移動します。

KINDAI UNIVERSITY

  • 近畿大学ホーム
  • 学部・大学院一覧

教員・研究紹介

自律的にネットワーク上を移動し、情報収集やスケジュール調整などの仕事を代行してくれる「しもべプログラム」(モバイルエージェントシステム)の開発や安全性の検証を行っています。

准教授 博士(工学)

加藤 暢(かとう とおる)

  • 所属 学科 / 情報学科
  • 所属 専攻 / エレクトロニクス系工学専攻

RFIDとプロセス代数を用いた物流監視システム

専門 並列論理型言語意味論、プロセス代数による並行システムのモデル化
担当科目(学部) 基礎ゼミ1、基礎ゼミ2、情報実習II、数理論理学、プログラミング言語学、情報システムプロジェクトI、卒業研究ゼミナール、卒業研究
担当科目(大学院) 並行計算理論特論、エレクトロニクス系工学特別研究
主な研究テーマ プロセス代数における等価性理論に関する研究、
プロセス代数を用いた物流監視システム構築に関する研究、
プロセス代数による並行システムのモデル化とモデル検査に関する研究、
モバイルエージェントに関する研究、
並行論理型言語の意味論に関する研究
代表的な研究業績 (1)多重Ambient Calculusと UHF帯RFID機器を用いた海上物流監視システム, 情報処理学会論文誌: プログラミング, Vol. 6, No. 2 1--12, (2013).
(2)A Handling Management System for Freight with the Ambient Calculus, International Journal of Mathematical Models and Methods in Applied Siences, Issue 3,Vol. 3, 179--186 (2009).
(3) An Equivalence Relation for the Typed Ambient Calculus, Trans of Information Processing Society of Japan, Vol. 48, No. SIG 10(PRO 33) pp. 90--100, (2007).
研究内容・研究成果
researchmap http://researchmap.jp/read0193189
所属学協会 情報処理学会、電子情報通信学会、ソフトウェア科学会
出身大学 岡山大学(学部)
出身大学院 岡山大学大学院(修士課程、博士課程)
論文名、取得大学、取得年月 Studies on Formal Semantics of Concurrent Logic Programming Languages 1997年9月
主な経歴 日本学術振興会特別研究員(1998年)、近畿大学講師(2000年)、近畿大学准教授(2011年)
学生へのアドバイス 難しいものでなくてよいので、本をたくさん読んでください。知らないうちに皆さんの表現力が磨かれます。
学生に薦めたい書物 栗本薫 グインサーガ ハヤカワ文庫
趣味・その他 音楽鑑賞、ゴルフ、オーディオ機器
並行計算理論研究室
教員室 38号館5階加藤准教授室
内線 5449
メールアドレス kato(at)info.kindai.ac.jp
  • ※ 迷惑メールを避けるため(at)を使用しております。メールする場合は@に書き換えてください。
教員・研究紹介

このページの先頭へ

MENU閉じる
      訪問者別