このページの本文へ移動します。

KINDAI UNIVERSITY

  • 近畿大学ホーム
  • 学部・大学院一覧

教員・研究紹介

コンクリート系土木構造物の耐震性を含む諸問題、各種コンクリート系部材に対する低コスト実験の可能性、コンクリート用骨材の枯渇化に伴う骨材化可能廃棄物のリサイクル等を総合的に研究しています。

教授 工学博士

栁下 文夫(やぎした ふみお)

  • 所属 学科 / 社会環境工学科
  • 所属 専攻 / 環境系工学専攻

ピルツ形式橋の倒壊

専門 コンクリート構造学、耐震工学
担当科目(学部) 基礎ゼミ1、基礎ゼミ2、構造力学I・II、構造力学I・II演習、コンクリート構造学、鉄筋コンクリート工学、防災工学、卒業研究ゼミナール、卒業研究
担当科目(大学院) 土木耐震工学特論、コンクリート構造学特論、環境系工学特別研究、耐風・耐震工学演習
主な研究テーマ コンクリート系土木構造物の耐震性評価に関する研究
代表的な研究業績 (1) インターロッキングスパイラル鉄筋を有する鉄筋コンクリート橋脚の耐震性能、土木学会論文集、2000年11月
(2) 5分割プレキャストホロー構造部材からなる閉合剛性アーチ構造物の3方向載荷による実大載荷実験、コンクリート工学年次論文集、2007年7月
researchmap http://researchmap.jp/4666
所属学協会 土木学会、日本コンクリート工学会、プレストレストコンクリート工学会
出身大学 日本大学、同大学院博士課程
論文名、取得大学、取得年月 プレストレストコンクリート架構の変形性能に関する研究、日本大学、1983年3月
主な経歴 1983年建設省建築研究所退省、1983年近畿大学助手、1989年同講師、1994年~1995年ニュージーランド・カンタベリー大学客員研究員、1996年近畿大学助教授、2005年同教授
受賞歴 齋藤記念プレストレストコンクリート技術研究奨励賞(1977年)
学生へのアドバイス 大学生活の充実度キーワードは“目的意識”と“目標設定”です。
学生に薦めたい書物 思考の整理学(外山滋比古著)
「本末転倒」には騙されるな(池田清彦著)
失敗学のすすめ(畑村洋太郎著)
趣味・その他 山歩き、渓流釣り、自作工芸
コンクリート工学研究室
教員室 34号館2階栁下教授室
内線 4666
メールアドレス yagisita(at)civileng.kindai.ac.jp
  • ※ 迷惑メールを避けるため(at)を使用しております。メールする場合は@に書き換えてください。
教員・研究紹介

このページの先頭へ

MENU閉じる
      訪問者別