このページの本文へ移動します。

KINDAI UNIVERSITY

  • 近畿大学ホーム
  • 学部・大学院一覧

教員・研究紹介

海洋での気体輸送現象や、微生物の運動に関連する周囲の流れ場など、広範囲な研究を行っています。また、本学で開発された世界最高速のビデオカメラで、水滴や気泡の現象を観察しています。

教授 博士(工学)

竹原 幸生(たけはら こうせい)

  • 所属 学科 / 社会環境工学科
  • 所属 専攻 / 環境系工学専攻

画像計測を用いた界面水理現象の解明

専門 水工学
担当科目(学部) 基礎ゼミ1、基礎ゼミ2、応用水理学、応用水理学演習、海岸工学、環境工学実験、防災工学、河川工学、基礎水理学、基礎水理学演習、卒業研究ゼミナール、卒業研究
担当科目(大学院) 環境水理学特論、沿岸・海洋域工学特論、環境系工学特別研究、環境水理学特殊研究、地球・人間環境工学演習
主な研究テーマ 画像計測を用いた流れ場計測法の開発
水表面での気体輸送に関する研究
発電施設における取水渦に関する研究
代表的な研究業績 (1) 表面取水施設における渦対策工の空気取り込み渦に及ぼす影響に関する実験的研究,土木学会論文集B1(水工学),Vol. 70, No. 4, pp. I_757-I_762, 2014
(2) Drop impact entrapment of bubble rings, Journal of Fluid Mech., vol. 724, pp. 234-258, 2013.
(3) von Karman Vortex Street within an Impacting Drop, Phys. Rev. Lett., Vol. 108, pp. 264506-1~ 264506-5, 2012
研究内容・研究成果
researchmap http://researchmap.jp/read0034098
所属学協会 土木学会
可視化情報学会
日本流体力学会
出身大学 九州工業大学
出身大学院 九州大学大学院
論文名、取得大学、取得年月 高精度可視化計測のための基礎技術の開発に関する研究、九州大学、1997年1月
主な経歴 平成元年 近畿大学助手
平成8年 近畿大学講師
平成10年 米国イリノイ大学客員講師
平成13年 近畿大学助教授
平成22年 近畿大学教授
受賞歴 平成8年度可視化情報学会技術賞
2006Gallery of Fluid Motion Award(アメリカ物理学会)
平成22年度土木学会論文賞
学生へのアドバイス 千里の道も一歩から
学生に薦めたい書物 石光真清の手記1~4
帚木 蓬生 「水神」
趣味・その他 本収集
環境水理学研究室
教員室 34号館2階竹原教授室
内線 4670
メールアドレス takehara(at)civileng.kindai.ac.jp
  • ※ 迷惑メールを避けるため(at)を使用しております。メールする場合は@に書き換えてください。
教員・研究紹介

このページの先頭へ

MENU閉じる
      訪問者別