このページの本文へ移動します。

KINDAI UNIVERSITY

  • 近畿大学ホーム
  • 学部・大学院一覧

教員・研究紹介

教授 博士(工学)

和田 義孝(わだ よしたか)

  • 所属 学科 / 機械工学科
  • 所属 専攻 / メカニックス系工学専攻

繰り返しねじり荷重における低サイク疲労評価のためのシミュレーション結果

専門 計算力学(自動モデル生成、有限要素シミュレーション)、破壊力学、非接触ひずみ計測
担当科目(学部) 材料力学、数値計算法、計算力学実習、物理学実験
担当科目(大学院) 破壊力学特論、破壊力学特別演習、メカニックス系学際講義I、材料・プロセシング・材料強度学演習
主な研究テーマ 「破壊力学研究室」は計算幾何生成技術を材料強度評価おもに破壊力学を用いた破壊シミュレーションへ適用しています。
○混合モード下におけるき裂進展挙動の研究(キーワード:き裂進展シミュレーション、ファクトリールーフ形状、表面き裂、破壊力学、応力拡大係数、混合モード、有限要素法)
○低サイクルにおける弾塑性配管破壊シミュレーション(キーワード:大変形弾塑性解析、低サイクル疲労、非線形破壊力学)
○ドット重心法および確立手法を用いた全視野ひずみ計測技術・三次元高精度計測技術の開発と応用(ベイズ推定、カルマンフィルタ)
工学の興味の対象の1つは構造物の強度です。本研究室では、実構造物への応用に近い応力の解析、測定法などについて理解を深め、それら知識を用いて研究を進めます。線形および非線形を含む破壊の過程の実験、実験手法および数値シミュレーション手法を通じた理解とそれら手法について研究を行います。
代表的な研究業績 (1) Crack growth simulation for plural crack using hexahedral mesh generation technique, 2010 年4 月,IOP Conference Series: Materials Science and Engineering, Vol. 10, ID:012052
(2) Surface Crack Mesh Generation with Factory Roof under Mixed Mode Loading Using a TetrahedralElement, Key Engineering Materials (Fracture and Strength of Solids VII), Volumes 462-463, pp.437-442
(3) NOISE REDUCTION TECHNIQUE FOR DIGITAL IMAGE BASED FULL FIELD STRAIN MEASUREMENT, Proceedings of the ASME 2012 International Design Engineering Technical Conferences & Computers and Information in Engineering Conference IDETC/CIE 2012, DETC2012-70704
researchmap http://researchmap.jp/read0087518
所属学協会 日本機械学会、計算工学会、日本溶接協会
学外活動 日本溶接協会 企画検討会 幹事
日本機械学会 計算力学技術者認定委員
計算工学会 2014-2016年度 代表会員
出身大学 東京理科大学卒業、東京理科大学理工学研究科修了、東京大学工学系研究科中退
論文名、取得大学、取得年月 インテリジェント・ローカルアプローチによる3次元自動要素分割法、東京大学、1998年9月
主な経歴 2012年4月 - 現在
近畿大学 理工学部機械工学科 准教授
2007年4月 - 2012年3月
諏訪東京理科大学 システム工学部 准教授(助教授)
2002年4月 - 2007年3月
諏訪東京理科大学 システム工学部 講師
2001年4月 - 2002年3月
財団法人 高度情報科学技術研究機構 研究員
2000年2月 - 2001年3月
財団法人 高度情報科学技術研究機構 招聘研究員
1997年4月 - 2000年1月
東京大学大学院工学系研究科 東京電力寄附講座 助手
受賞歴 2014年7月 日本機械学会 2013年度 計算力学部門 優秀講演表彰
2013年5月 日本安全工学会 2012年度安全工学論文賞
2012年4月 日本機械学会 2011年度日本機械学会賞(論文)材料力学・材料分野
1996年10月 日本シミュレーション学会 発表賞
学生へのアドバイス 経験は最大の宝、どんどん失敗しましょう
学生に薦めたい書物 材料力学史
趣味・その他 自転車、山が好き、木工工作(ウッドデッキ作りました)、健康に関する事
破壊力学研究室
教員室 38号館5階S506破壊力学研究室
内線 5319
メールアドレス wada(at)mech.kindai.ac.jp
  • ※ 迷惑メールを避けるため(at)を使用しております。メールする場合は@に書き換えてください。
研究室URL http://www.mec.kindai.ac.jp/mech/lab/wada/index.html
教員・研究紹介

このページの先頭へ

MENU閉じる
      訪問者別