このページの本文へ移動します。

KINDAI UNIVERSITY

  • 近畿大学ホーム
  • 学部・大学院一覧

教員・研究紹介

海と大気のかかわり合いは、地球環境の変動・変化に関係しています。その基礎的なメカニズムの解明を、実験と数値モデルの両面から行っています。

准教授 博士(工学)

鈴木 直弥(すずき なおや)

  • 所属 学科 / 機械工学科
  • 所属 専攻 / メカニックス系工学専攻

研究の概要

専門 環境流体工学、海洋物理学、環境リモートセンシング
担当科目(学部) 流れ学の基礎、流れ学演習実験、流体工学、設計製図
担当科目(大学院) 環境流体工学特論、エネルギー・流れ演習、メカニックス系学際講義Ⅱ
主な研究テーマ 大気-海洋間乱流熱・運動量・物質輸送に関する研究
ブイおよび船舶における大気ー海洋間乱流フラックス計測手法の構築
人工衛星を用いた海上風速計測の精度向上に関する研究
代表的な研究業績 (1) Effect of observation tower on wind flow over the ocean –First assessment of the applicability of numerical simulation using CFD-, Journal of Advanced Marine Science and Technology Society, Vol. 23, No. 1, pp.11-19 (2017)
(2) Large tank evaluation of a GPS wave buoy for wind stress measurements, Journal of Atmospheric and Oceanic Technology, Vol.34, No. 6, pp. 1225-1234 (2017)
(3) Estimation of the global air-sea CO2 gas flux considering wave breaking, Journal of Oceanography, Vol.71, No.2, pp.199-204 (2015)
 
研究内容・研究成果
researchmap http://researchmap.jp/nsuzuki
所属学協会 日本機械学会、日本海洋学会、土木学会、海洋理工学会、科学・技術研究会、American Geophysical Union, American Meteolorogical Society, Pan Ocean Remote Sensing Conference
学外活動 日本機械学会関西支部学生会幹事長
日本機械学会会員部会幹事
近畿大学生活協同組合理事
日本学術会議 環境学委員会・地球惑星科学委員会合同IGBP・WCRP・DIVERSITAS合同分科会SOLAS小委員会委員
日本機械学会関西支部メカボケーション実行委員
出身大学 東海大学(学部、博士前期課程)、千葉大学(博士後期課程)
論文名、取得大学、取得年月 砕波モデルにおける大気-海洋間CO2輸送モデルの研究-風浪の発達過程における無次元粗度と波齢の提案モデルによる-、千葉大学、2002年9月
主な経歴 千葉大学環境リモートセンシング研究センター研究生(2002年10月~2003年1月)、米国マイアミ大学ポストドクター(2003年1月~2005年12月)、東海大学特別研究員(2005年1月~3月)、京都大学COE研究員(2005年4月~2008年3月)、近畿大学講師(2008年4月~2011年)、近畿大学准教授(2012年~現在)
受賞歴 土木学会海岸工学論文集第57巻論文賞(2010)
環境流体工学研究室
教員室 38号館6階鈴木准教授室
内線 5344
メールアドレス nsuzuki(at)mech.kindai.ac.jp
  • ※ 迷惑メールを避けるため(at)を使用しております。メールする場合は@に書き換えてください。
研究室URL http://www.mec.kindai.ac.jp/mech/lab/suzuki/index.html
教員・研究紹介

このページの先頭へ

MENU閉じる
      訪問者別