このページの本文へ移動します。

KINDAI UNIVERSITY

  • 近畿大学ホーム
  • 学部・大学院一覧

教員・研究紹介

講師 博士(工学)

副島 哲朗(そえじま てつろう)

  • 所属 学科 / 応用化学科
  • 所属 専攻 / 物質系工学専攻

酸化チタン光触媒のナノ珊瑚材料の開発

専門 無機化学、固体化学、ナノ材料、光触媒
担当科目(学部) 基礎ゼミI、基礎ゼミII、無機化学I、錯体化学、分光学II、化学情報処理基礎、応用化学実験III、卒業研究ゼミナール
担当科目(大学院) 無機合成化学特論
主な研究テーマ 金ナノ粒子の新規合成法の開発に関する研究
金属酸化物ナノ粒子の新規合成法の開発に関する研究
光触媒などの光機能性材料の開発に関する研究
代表的な研究業績 (1) One-pot alkaline vapor oxidation synthesis and electrocatalytic activity towards glucose oxidation of CuO nanobelt arrays, RSC Advances, Vol. 1, pp. 187-190 (2011).
(2) Synthesis of TiO2 Nanocoral Structures in Ever-Changing Aqueous Reaction Systems, Langmuir, Vol. 28, pp. 2637-2642 (2012).
(3) Growth of gold nanostructures on a Si wafer by concerted mechanisms of photoreduction and galvanic displacement, CrystEngComm, Vol. 18, pp. 6683-6688 (2016).
researchmap http://researchmap.jp/read0133166
所属学協会 日本化学会(コロイドおよび界面化学部会)、触媒学会、表面技術協会、色材協会、材料技術研究協会
出身大学 近畿大学
出身大学院 近畿大学大学院(博士前期課程)、九州大学大学院(博士後期課程)
論文名、取得大学、取得年月 界面を用いる金ナノ結晶の構造制御ならびに光機能特性に関する研究、九州大学、2007年1月
主な経歴 カリフォルニア大学バークレー校日本学術振興会特別研究員PD(2007年)、九州大学特任助教(2008年)、近畿大学助教(2010年)、近畿大学講師(2014年)
受賞歴 日本化学会第93春季年会 優秀講演賞(学術)(2013年)、the ACS Applied Materials & Interfaces Award(2011年)、色材研究発表会 優秀講演賞(2010、2011年)
学生へのアドバイス 大学生活は人生を変える力を持っています。多くの事をがむしゃらに学んで下さい。
学生に薦めたい書物 ジェフリー・アーチャー ケインとアベル 新潮文庫
塩野 七生 ローマ人の物語 新潮文庫
趣味・その他 音楽鑑賞(主にロック・ジャズ)、読書、お酒
応用無機合成化学研究室
教員室 38号館7階副島講師室
内線 5213
メールアドレス soejima(at)apch.kindai.ac.jp
  • ※ 迷惑メールを避けるため(at)を使用しております。メールする場合は@に書き換えてください。
研究室URL http://www.apch.kindai.ac.jp/inorg-folder/inorg-index.html
教員・研究紹介

このページの先頭へ

MENU閉じる
      訪問者別