このページの本文へ移動します。

KINDAI UNIVERSITY

  • 近畿大学ホーム
  • 学部・大学院一覧

教員・研究紹介

准教授 博士(工学)

今井 喜胤(いまい よしたね)

  • 所属 学科 / 応用化学科
  • 所属 専攻 / 物質系工学専攻

円偏光発光材料の創成

専門 円偏光発光、超分子有機化学、キラル光化学
担当科目(学部) 応用化学実験VI、実験デザインII、アドバンスト有機化学、科学技術英語2、基礎ゼミ1、基礎ゼミ2
担当科目(大学院) 応用有機構造化学特論、物質工学総論(有機化学分野)
主な研究テーマ 「キラリティー材料と円偏光発光(CPL)とのベストミックスフィールドの創成」
「色」変化を利用した超高感度分子センシングシステムの開発
ナノポーラス型電荷移動(CT)錯体を利用した新奇な可視的水素貯蔵材料の開発
代表的な研究業績 (1) Non-Classically Controlled Signs in a Circularly Polarised Luminescent Molecular Puppet: The Importance of the Wired Structure Connecting Binaphthyl and Two Pyrenes. Eur. J. Org. Chem. 2016, 64-69. (Cover Picture)
(2) Can chiral P(III) coordinate Eu(III)? Unexpected solvent dependent circularly polarised luminescence of BINAP and Eu(III)(hfa)3 in chloroform and acetone. RSC Adv. 2016, 6, 40219-40224.
(3) Solvent- and Substituent-controlled Circularly Polarised Luminescence of C2-symmetric Binaphthyl Fluorophores. ChemistrySelect 2016, 1, 3398-3404. (Cover Picture)
研究内容・研究成果
researchmap http://researchmap.jp/777
所属学協会 日本化学会、高分子学会、日本油学会、有機合成化学協会、色材協会、光化学協会
学外活動 日本化学会有機結晶部会幹事、日本油化学会関西支部幹事、色材協会関西支部運営委員
出身大学 大阪大学
論文名、取得大学、取得年月 キラル骨格を有する新規マルチキラルオキサゾリン配位子の合成と応用に関する研究、大阪大学、2000年3月
主な経歴 科学技術振興機構博士研究員(2000年)、近畿大学助手(2004年)、近畿大学助教(2007年)、近畿大学講師(2009年)
受賞歴 コニカミノルタ画像科学進歩賞(2009年)
学生へのアドバイス 世界旅行をしましょう!!
学生に薦めたい書物 徳川家康(山岡荘八)
趣味・その他 子供とトミカ、子供と船のプラモデル作製、子供と体験学習
有機構造化学研究室
教員室 38号館7階今井准教授室
内線 5241
メールアドレス y-imai(at)apch.kindai.ac.jp
  • ※ 迷惑メールを避けるため(at)を使用しております。メールする場合は@に書き換えてください。
研究室URL http://www.apch.kindai.ac.jp/orgstchem-folder/index.html
教員・研究紹介

このページの先頭へ

MENU閉じる
      訪問者別