このページの本文へ移動します。

KINDAI UNIVERSITY

  • 近畿大学ホーム
  • 学部・大学院一覧

機械工学科

学科・コース紹介コンテンツを開く

基礎領域から先端技術領域まで、 実践力を身につける。

これからの時代は、人の感情を理解するロボットや環境にやさしい生活機器、宇宙開発や最先端医療に不可欠なハイテク機器など、さまざまな機械の登場が予想されます。機械工学の分野では、機械・人間・環境の共生を実現し、多様なニーズに対応する研究が進んでいます。本学科では、機械工学の基礎領域をベースに、高度なロボットシステムや、マイクロマシンの実現など、先端技術領域の専門知識を学べます。また、実験・実習を重視したカリキュラムで、設計製図の実践力を身につけることができます。

機械と人間社会の共存を考えられる 国際性豊かな自立的機械技術者の育成。

本学科の教育目標は、専門技術の展開能力、問題解決能力を習得し、機械と人間の共存や調和を考えてゆける技術者の育成です。カリキュラムでは体験を重視し、総合的な能力を養う教育を展開しています。特色として、図面作成から製品完成までの全工程を学生自身で行う「ものづくりの楽しさを知る実習」や、実験を通して理解度と興味を深める「演習実験科目」が挙げられます。1年次では基礎製図、2年次から3年次までは3D-CADを用いた科目など、「製図能力修得のための科目」も用意されています。

アドミッションポリシー/カリキュラムポリシー/ディプロマポリシーコンテンツを開く

アドミッション・ポリシー(入学者受け入れの方針)

機械工学科は、当学科の教育目的・目標(http://mec.kindai.ac.jp/policy.html)に共感し、自ら学ぼうとする皆さんを、積極的に受け入れたいと考えています。機械工学科が求めているのは、ものづくりに夢を抱き、機械技術者になるという明確な意思を持つ学生です。機械工学は、ロボット・工作機械・建設機械などの産業機械、自動車・鉄道・船舶・航空機・ロケットなどの輸送機械、さらにはIT機器・福祉機器などの分野や食品・薬品製造分野にわたり『ものづくり』の原点として広く活用されています。機械工学科へ志望する皆さんが、高等学校までの授業の内容を理解していることを期待しています。具体的には、物理および数学の理解は必要と考えています。

カリキュラム・ポリシー(教育課程の編成方針)

機械工学科は、『ものづくり』の最も基本となる『設計能力』『問題発見・解決能力』『生産技術・管理能力』を養うことを重視したカリキュラムの編成を行っています。そのため、機械工学科の学生は、設計製図の基礎から3次元デジタル設計技法を含むCAD(設計)/CAE(評価)/CAM(生産)技術を習得します。また、「材料力学」「機械力学」「熱力学」「流体力学」「材料工学」「制御工学」を基幹6分野と定め機械工学の基礎と位置づけています。この基幹6分野では、演習・実験・実習を組み合わせ、具体的な問題を通じて機械工学における問題への対処方法を体験し学ぶことができます。基幹6分野に加えて応用実学を通じて、ものづくりを効率よく円滑にすめるための能力を向上させるカリキュラムを編成しています。社会へ幅広いく配慮する感性を涵養するため倫理に関わる教育を行っています。また、どの分野でも要求されるコミュニケーション能力を習得するため、演習・実験・実習におけるレポートそしてプレゼンテーション技術や英語教育(TOEICの高得点を目指す)にも力を入れています。

  1. 「基礎ゼミ」「卒業研究ゼミナール」では、学生一人ひとりが自ら学ぶ意欲と習慣を身につけ、創造性を養います。
  2. 「工業材料」「メカトロニクス」「機械工作法」「機械加工実習」では、ものづくりの重要性を学びます。
  3. 「技術と倫理」などでは、機械と人間との共生の中で、これからのエンジニアが持つべき倫理観を学びます。
  4. 「熱力学の基礎」「流れ学の基礎」「材料力学の基礎」「機械力学の基礎」では、力学の基礎をしっかりと身につけます。
  5. 「流れ学の基礎」「流れ学演習実験」「流体力学」など、主要科目については、講義と演習実験が有機的に結びつく三位一体教育を展開し、専門能力と工学問題への対処方法の確実な習得を図ります。
  6. 「機械製図」「機械製図基礎演習」「機械製図演習」「設計製図の基礎」「設計製図」「応用機械製図」では、ものづくりの基本となる『設計能力』を重視し、手書き図面から3D-CADに至る一貫した能力を身につけます。
  7. 「ロボット工学」「自動車工学」などでは、実製品に対して機械工学を応用する力を身につけます。
  8. 「卒業研究」では、自発的に考えて判断し、未知の課題を解決する力を身につけます。

コースの特色

  1. 機械工学コース
    国際的に通用する機械技術者教育を目指したコースです。国際的な技術者共通資格JABEE取得に向けたカリキュラムでは、自然科学や情報技術などの工学的基礎知識を身に付けた上で、最先端の機械工学に必要な専門知識を習得します。
    機械工学の基礎となる基幹6分野に加え、幅広い領域(「設計工学」「加工学」などの応用実学)について演習・実験・実習を通して学びます。特に設計能力を重視し、手書きから3D-CADによる製図まで一貫した技術と機械工学を駆使した設計能力を身につけます。
  2. 知能機械システムコース
    機械の新しい最先端分野に挑戦できるメカトロニクス技術者、システム制御技術者育成を目指したコースです。機械工学の基礎知識を身に付けた上で、ロボット・メカトロニクスを中心としたシステム制御技術を習得します。
    機械工学の基礎となる基幹6分野に加え、情報・エレクトロニクスに関連した幅広い領域(「システム制御工学」「メカトロニクス」「ロボット工学」などの応用実学)について学び、機械工学とシステム制御工学を融合したロボットやメカトロニクス機器の設計能力を身につけます。

ディプロマ・ポリシー(卒業認定・学位授与に関する方針)

機械工学科は、機械工学の基幹6分野の教育を重視し、機械技術者として素養を高める教育を実施しています。その上で様々な応用実学を学び、社会貢献できる機械技術者を世の中へ送り出すことを本学科の社会における役割(=ミッション)としています。機械工学科の教育目標は、

  1. (1) 機械と社会との『共生』『適合』『調和』を常に考え、
  2. (2) 社会的ニーズに応えて問題発見・解決能力を発揮でき、
  3. (3) 問題解決のためのコミュニケーション能力を有する

社会貢献できる機械技術者の育成です。本学科は学生の皆さんに『ものづくりの中核をなす機械技術者』になってほしいと強く期待しています。

  1. 1.基本的人格の形成

     ○機械と人間の共生及び調和をめざせること。(目指すことができる)

    1. 人々に信頼され、人々と協働で事業を進めるためのコミュニケーション能力が発揮できること。
    2. 倫理観があり、自立した技術者として必要な資質を身につけ、社会の変化に対応し、新たなものを構築できること。
  2. 2.社会的責任の自覚

     ○環境と社会に関心を払い、問題解決に寄与できること。(寄与できる)

    1. 使用者の安全から地球環境まで常に関心を払い、社会的責任を満足した提案が行えること。
    2. 多種多様な社会のニーズを探索・理解し、習得した専門力を駆使して、計画的に課題・問題を解決できること。
  3. 3.知識・技術の修得と活用

     ○専門知識を通じて社会に貢献できること。(貢献できる)

    1. ものづくりの原点である機械工学の理論から応用まで幅広い専門知識を持ち、それらを自主的、継続的に学習できること。
    2. ものづくりの基本となる設計能力を養い、手書き図面から3D-CAD図面に至る一貫した能力を持し、それらを自主的、継続的に学習できること。

カリキュラムコンテンツを開く

21世紀、機械は人間や暮らしにもっと近づいていきます。機械工学はものづくりを担う工学の基盤を支える学問であり、機械・人間・環境が共生できる社会を作り、次代の科学技術をリードしていく、魅力的な分野です。この学科では、機械工学の基礎領域をベースに、学理とともに実験や実習をしっかり積み重ね、先端技術領域に至る実践力を身につけます。

機械工学コース

機械工学の基礎と社会人基礎力を身につけるコースです。

自然科学や情報技術などの工学的基礎知識を学んだ上で、最先端の機械工学に必要な専門知識を習得するJABEE認定のコースです。そして機械工学の基礎となる流体力学・熱力学・材料力学・機械力学に加え、設計工学・加工学・制御工学・電気電子回路・自動車工学などの幅広い領域について実験・実習を通して学びます。特に設計製図能力を重視し、機械工学を駆使した設計能力と、手書きから3D-CADによる製図まで一貫して技術を身につけます。

JABEEについてはこちら

カリキュラムツリー

クリックするとPDFが見られます。

カリキュラムマップ

学びのSTEP

専門科目 1年次 2年次 3年次 4年次
必修科目 材料力学の基礎[2]
流れ学の基礎[2]
図学および機械製図[1]
機械製図基礎演習[1]
物理学実験[1]
熱力学の基礎[2]
機械力学の基礎[2]
制御工学の基礎[2]
材料力学[2]
流体工学[2]
機械力学[2]
制御工学[2]
設計製図の基礎[1]
機械製図演習[1]
機械加工実習1[1]
機械工学実験[1]
材料力学演習実験[1]
流れ学演習実験[1]
材料工学演習実験[1]
伝熱工学[2]
確率・統計[2]
設計製図[1]
応用機械製図[1]
熱力学演習実験[1]
機械力学演習実験[1]
制御工学演習実験[1]
卒業研究ゼミナール[1]
卒業研究[8]
選択科目 工業力学[2]
機械工作法[2]
工業材料[2]
機構学[2]
機械要素設計[2]
機械設計[2]
計測工学[2]
材料組織学[2]
電気電子回路[2]
微分方程式[2]
機械加工実習2[1]
プログラミング実習[1]
流体力学[2]
熱力学[2]
構造力学[2]
機械加工学[2]
精密加工学[2]
鋳造工学[2]
自動車工学[2]
システム工学[2]
工業数学[2]
数学解析[2]
数値計算法[1]
計算力学実習[1]
品質管理[2]
  • ※カリキュラムは2014年度のものです。2015年度は変更になる場合があります。
  • ※[ ]内の数字は単位数

Pick up授業

材料力学
材料力学は、強度設計に欠かせない重要な学問です。本講義では、材料力学の基礎を学び、強度設計に必要となる各種応力やひずみなどについて理解します。
流体工学
流れを力学的に取り扱うために必要な基礎知識は、機械技術者に必須の基礎的原理です。本講義では、実験結果を取り入れ、実際的な知識を修得します。
自動車工学
自動車の走行力学と性能について、原理と理論を理解。さらに自動車の主な機能をつかさどるシャシ技術を中心に、各種装置の構造と作動原理を学びます。

知能機械システムコース

機械工学を基盤としてロボット・メカトロニクス技術を身につけるコースです。

機械工学を基盤として、情報・エレクトロニクスなどの広い素養を持ち、機械の新しい最先端分野に挑戦できるメカトロニクス技術者を育成するコースです。まず機械工学の基本を身につけた上で、メカトロニクス・宇宙センシング工学・生体医工学・ロボット工学などを学習し、先端科学技術としてのメカトロニクス化に対応しうる能力を身につけます。

カリキュラムツリー

クリックするとPDFが見られます。

カリキュラムマップ

学びのSTEP

専門科目 1年次 2年次 3年次 4年次
必修科目 材料力学の基礎[2]
流れ学の基礎[2]
図学および機械製図[1]
機械製図基礎演習[1]
物理学実験[1]
設計製図の基礎[1]
機械製図演習[1]
機械加工実習1[1]
プログラミング実習[1]
機械工学実験[1]
材料力学演習実験[1]
流れ学演習実験[1]
設計製図[1]
熱力学演習実験[1]
機械力学演習実験[1]
制御工学演習実験[1]
卒業研究ゼミナール[1]
卒業研究[8]
選択科目 工業力学[2]
機械工作法[2]
工業材料[2]
熱力学の基礎[2]
機械力学の基礎[2]
制御工学の基礎[2]
材料力学[2]
流体工学[2]
機械力学[2]
制御工学[2]
機構学[2]
電気電子回路[2]
メカトロニクス[2]
計測工学[2]
機械要素設計[2]
機械設計[2]
微分方程式[2]
機械加工実習2[1]
熱力学[2]
構造力学[2]
センシング工学[2]
システム制御工学[2]
ロボット工学[2]
バーチャルリアリティ[2]
デジタル回路[2]
機械加工学[2]
システム工学[2]
工業数学[2]
確率・統計[2]
数学解析[2]
数値計算法[1]
計算力学実習[1]
生体医工学[2]
  • ※カリキュラムは2014年度のものです。2015年度は変更になる場合があります。
  • ※[ ]内の数字は単位数

Pick up授業

センシング工学
光センサ・温度センサ・磁気センサ・圧力センサ・位置センサなどの各種センサの構成、動作原理と使用例を紹介。センサについての基本知識を修得します。
ロボット工学
動作空間での位置と姿勢の記述・座標変換・順運動学・逆運動学の演算手法など、ロボット工学の基礎となる知識を修得します。
生体医工学
筋電義手やブレイン・マシン・インターフェースを紹介し、その基礎となる生体に対する機械技術について学びます。

カリキュラムの特色

  • 図面作成から製品完成までの全工程を学生自身で行う、ものづくりの楽しさを知る実習
  • 講義で得た知識を演習で定着させ、実験を通じて理解度と興味を深める演習実験科目
  • 1年次の基礎製図、2年次から3年次まで履修する3D-CADを用いた製図能力習得のための科目
  • ※2015年度は変更になる可能性があります。

3つのポイント

「講義」「演習」「実験」の三位一体教育。
JABEEを中心とする教育に加え、主要科目については講義と演習、実験が機能的に結びつくように展開。専門能力の確実な習得を図ります。

CAD実務キャリア認定精度で資格を取得。
大学ではほとんど例のない3D-CADを700台、2~4年次には1人1台完備しています。また、3D-CADトレーサー認定の資格を取得できます。

各種メーカー企業への就職に強い。
自動車メーカーを筆頭に、食品メーカー、ゼネコンなど、さまざまなメーカー企業へ毎年多くの学生が就職しています。就職においても教授陣は心強い味方となります

進路コンテンツを開く

あらゆる産業界から高く評価され、製造業を中心に高い就職率を実現。

工学の基幹分野である機械工学を修めた学生は、さまざまな産業界から求められています。
2014年度の実績では、卒業生の約5割が製造業の一般企業に就職しました。自動車や電機・精密機器メーカー、産業機械メーカー、医療・福祉機器メーカーや先端医療機器、新規材料開発などにかかわる分野にも、活躍の場が広がっています。

卒業生の主な進路

製造業/大学院/サービス業/卸売・小売業/情報通信業/運輸業/金融・保険業/建設業/教員/公務員/不動産業

主な就職・進学先(2013・2014・2015年3月卒業生)
製造業 アイシン精機/エクセディ/NTN/北川鉄工所/クラレ/栗本鐵工所/グローリー/小松製作所/ジェイテクト/澁谷工業/島精機製作所/新明和工業/スズキ/住友電装/ダイハツ工業/THK/DMG森精機/テルモ/東邦チタニウム/TOTO/日産車体/ニッタ/日本発條/日本電産/日立造船/富士通ゼネラル/富士重工業/フジッコ/フタバ産業/本田技研工業/三浦工業/三菱鉛筆/三菱重工業/山崎製パン/ユニチカ/ロックペイント/YKK
建設業 奥村組/鹿島建設/神鋼エンジニアリング&メンテナンス/住友電設/ダイヘン/大和ハウス工業/NIPPO/前田建設工業
情報通信業 デンソーテクノ/トランス・コスモス/メイテック
運輸業 エアアジア・ジャパン/近畿日本鉄道/山九/東海旅客鉄道/西日本旅客鉄道/東日本旅客鉄道
卸売・小売業 オリバー/モリテックスチール/矢崎総業/ユニ・チャーム
公務員・教員 大阪府教育委員会/大津市役所/岡山市教育委員会/京都市教育委員会/西宮市消防局/兵庫県教育委員会
大学院 近畿大学大学院/大阪大学大学院/岐阜大学大学院/京都工芸繊維大学大学院/九州大学大学院/横浜国立大学大学院

業種別進路先

2015年3月卒業生

資格コンテンツを開く

自動車整備管理者、生産管理に関わる技術者資格など機械工学科で身につける専門知識が生かせる資格のほか、IT関連資格や危険物取扱者、エネルギー管理士など、めざす進路に対応したさまざまな資格の取得をバックアップしています。

理工学部共通

基本情報技術者/システムアドミニストレータ(上級・初級)/技術士/技術士補(JABEEコース)のみ

学科に関連した資格

危険物取扱者/公害防止管理者/消防設備士/ボイラー・タービン主任技術者/ボイラー技士/自動車整備管理者/エネルギー管理士/工業標準化品質管理推進責任者 など

所定科目履修で取得できる資格

高等学校教諭一種免許状(数学/理科/工業)/中学校教諭一種免許状(数学/理科/技術)/図書館司書

公式オリジナルサイト

機械工学科 公式オリジナルサイト
さらに詳しい情報につきましては、機械工学科サイトでご案内しています。

このページの先頭へ

MENU閉じる
      訪問者別