このページの本文へ移動します。

KINDAI UNIVERSITY

  • 近畿大学ホーム
  • 学部・大学院一覧

メカニックス系工学専攻

専攻紹介

次世代を支える高度機械技術者を育てる

材料とプロセシング分野

工業の発展を支える材料を研究し、材料の物性や組織とその形成プロセスの原理、加工技術の向上を追求しています。さらに地球環境・エネルギー・資源と材料との係わりに目を向け、最近のIT技術を駆使して新しい機能や性能を有する合金材料、複合材料を設計・開発できる技術者を養成します。

エネルギーと流れ分野

熱・流体工学が流れとエネルギーの自然の仕組みを解き明かし、有効に活用しながら変換する工学、ひいては環境問題、地球再生に果たす役割は重要です。流体エネルギーのエネルギー変換は、装置の省エネルギー、高効率化に大きく寄与します。また、熱エネルギ−変換では、持続可能社会の実現を目指し、次世代の再生エネルギー基盤を提案しています。さらに、グローバルな視点から地球の熱流体特性を観察し、地球再生に向けた研究を行なっています。

情報と制御分野

機械工学を基盤として、情報・エレクトロニクスなどの広い素養を持ち、機械の新しい最先端分野に挑戦できるロボット・メカトロニクス技術者を育成します。知能化された機械のシステム設計と計測制御技術に精通し、先端科学技術としてのメカトロニクス化に対応しうる能力を身につけます。

設計と生産分野

自動車・航空機・オートメーション機械など現代社会を支える工学システムは、高性能・高品質・高信頼性・高安全性に加えて、高精密加工技術、効率的生産性が求められています。その基盤となる設計工学・生産工学・加工学及び力学に関する最新の研究・教育を行い、社会のニーズに応える技術者を育成します。

進路

平成29年度 井関農機/オークマ/クボタ/ジェイテクト/東芝/豊田合成/トヨタ自動車/日本精工/日立造船/富士通ゼネラル/三井造船/三菱マテリアル/中国電力/東海旅客鉄道/近畿大学大学院(後期課程進学) など

このページの先頭へ

MENU閉じる
      訪問者別