このページの本文へ移動します。

スタッフ紹介

山西 弘城(やまにしひろくに)

出身大学 名古屋大学大学院
経歴 昭和61年3月 名古屋大学工学部卒業、昭和63年3月 名古屋大学大学院工学研究科博士課程前期課程修了、平成3年3月 同 後期課程単位修得退学、同年4月 文部省核融合科学研究所 助手、平成18年1月 文部科学省核融合科学研究所 助教授、自然科学研究機構核融合科学研究所 准教授、平成23年4月 原子力研究所 准教授、平成25年4月 原子力研究所 教授
学位 博士(工学)
専門分野 環境放射線、放射線安全工学
担当授業科目 放射化学実習、分子生物学実験、放射線生物学、環境生体科学
研究テーマ 福島復興のための環境放射線測定、放射線モニタリングの高度化、中性子線量測定器の開発
所属学会 日本保健物理学会、日本原子力学会、日本アイソトープ協会
社会活動 日本保健物理学会 : 放射線防護標準化委員会委員
日本原子力学会 : 保健物理・環境科学部会運営小委員
主要著書・論文 (1)大気中ラドン濃度の地域分布測定のための測定局の適正配置, 日本原子力学会誌, 35 (4), (1993) pp. 329〜338.

(2)土岐地区における河川水中のトリチウム濃度, Radioisotopes, 52,(2003)pp. 235-241.  239-242.

(4)トンネルを利用したTLDとガラス線量計の宇宙線硬成分に対する感度の評価, 保健物理, 39(2),(2004)pp. 108-112.

(5)長期間連続の環境放射線線量測定への電子式積算線量計の適用, Radioisotopes, 58,(2009)pp. 611-615.

(6) 表面汚染密度測定における走査条件と検出能力との関係, 保健物理, 44(3),(2009)pp. 306-314
.
(7)Measurements of regional distribution of Radon-222 concentration, J. Nucl. Sci. Technol., 28(4), (1991) pp. 331-338.

(8)Design studies on nuclear properties on the Flibe blanket for helical-type fusion reactor FFHR, Fusion Engineering and Design, 41, (1998) pp. 583-588.

(9)Accuracy of neutron dose evaluation in the area monitoring for LHD experiments, Fusion Engineering and Design, 51-52, (2000) pp. 647-652.

(10)Separation of natural background by using correlation of time-series data on radiation monitoring, J. Nucl. Sci. Technol., 40(1), (2003) pp.44-48.

(11)Burst X-ray detection using RMSAFE, Nucl. Instrm. Methods in Physical Research, A501, (2003) pp. 589-593.

(12)Design of a portable directional neutron source finder, Nucl. Instrm. Methods in Physical Research, A544, (2005) pp.643-648.

(13)Correlation between neutron component and ionizing component of cosmic ray dose in concrete buildings, Radioisotopes, 55(7), (2006) pp. 385-389.

(14)Design of an energy-independent spherical-type neutron dose monitor, Nucl. Instrm. Methods in Physical Research, A607, (2009) pp.629-633.

(15)Evaluation of H*(10) using the developed spherical type neutron dose monitor, Radiation Protection Dosimetry 141(3), (2010) pp. 217-221.  

(16)福島県川俣町における環境放射線調査‐土壌中放射性セシウム濃度‐, Radioisotopes 62(5), (2013) pp.259-268
受賞歴 なし
趣味・その他 道に迷うこと、散歩
お問い合わせ先

原子力研究所 Kindai University Atomic Energy Research Institute
TEL (06)4307-3095 
お電話でのお問い合わせは月~金の午前9時~午後5時までとなっております。
FAX (06)6721-3743(24時間受付)
E-mail:genken@itp.kindai.ac.jp(24時間受付)

©Kindai University All Rights Reserved.このウェブサイトの内容の無断転載・複製を禁じます。