このページの本文へ移動します。

スタッフ紹介

左近敦士(さこんあつし)

出身大学 近畿大学大学院
経歴 平成26年3月 近畿大学大学院総合理工学研究科博士後期課程 修了
平成26年4月~平成27年9月 (独)日本原子力研究開発機構 職員(研究職)
平成27年10月~ 近畿大学原子力研究所 助教
学位 博士(工学)(パワースペクトル解析による加速器駆動炉の未臨界度監視手法開発に関する研究、近畿大学、平成26年)
専門分野 原子炉物理学
担当授業科目
研究テーマ 加速器駆動未臨界炉の未臨界度測定
所属学会 日本原子力学会
社会活動 日本原子力学会炉物理部会幹事
主要著書・論文

1. A.Sakon, K.Hashimoto, C.H.Pyeon, Cross-Power Spectral Analysis between Beam Current and Neutron Detection Signals for a Thermal Accelarator-Driven System, Trans.Am.Nucl.Soc., Vol.107, pp.1032-1034 (2012).

2. A.Sakon, K.Hashimoto, W.Sugiyama, H.Taninaka, C.H.Pyeon, T.Sano, T.Misawa, H.Unesaki, T.Ohsawa, Power Spectral Analysis for a Thermal Subcritical Reactor System Driven by a Pulsed 14 MeV Neutron Source, J.Nucl.Sci.Technol., Vol.50, No.5, pp.481-492 (2013).

3. A.Sakon, K.Hashimoto, M.Aiman bin M., M.Kawasaki, W.Sugiyama, C.H.Pyeon, T.Sano, T.Yagi, T.Ohsawa, Measurement of Large Negative Reactivity of an Accelerator-Driven System in the Kyoto University Critical Assembly, J.Nucl.Sci.Technol., Vol.51, No.1, pp.116-126 (2014).

4. A.Sakon, K.Hashimoto, W.Sugiyama, S.Hohara, C.H.Pyeon, T.Sano, T.Yagi, T.Ohsawa, Determination of Prompt-Neutron Decay Constant from Phase Shift between Beam Current and Neutron Signals for an Accelerator-Driven System in the Kyoto University Critical Assembly, J.Nucl.Sci.Technol., Vol.52, No.2, pp.203-212 (2015).

受賞歴 日本原子力学会フェロー賞(平成21年)
日本原子力学会炉物理部会部会賞(平成26年)
趣味・その他 製菓、読書
お問い合わせ先

原子力研究所 Kindai University Atomic Energy Research Institute
TEL (06)4307-3095 
お電話でのお問い合わせは月~金の午前9時~午後5時までとなっております。
FAX (06)6721-3743(24時間受付)
E-mail:genken@itp.kindai.ac.jp(24時間受付)

©Kindai University All Rights Reserved.このウェブサイトの内容の無断転載・複製を禁じます。